リベラ・メ - 羅夢の映画放浪記

リベラ・メ

リベラ・メ
評価 ★★☆☆☆

原因不明の火災が頻発する釜山市を舞台に、知能的な放火犯と危険を顧みず命を懸けて猛火に突進する消防隊員の対決がスリリングに描かれるサスペンスアクション。
釜山市による全面協力のもと実在の建物などを使用して撮影、迫力のあるシーンが連続する。

放火を行う知能犯と消防士たちとの闘いを描いた作品。
出演はチェ・ミンス、ユ・ジテチャ・スンウォンほか。

この映画は消防士VS放火犯の対決を描いた作品。
消防士系を題材にする作品って結構あるよねぇ。
そこにあえて突っ込むくらいだから、また違った韓国風消防士ヒーローが見れるのかと期待してしまったが・・・

んー、一言でいうと、見づらいw

キャラクターが全然たってないし、サブキャラも良く分らない。
画面構成もよくないし、全体的に『?』個所多数。
しかも、回りの消防団員が火災現場でタバコって。
ってかタバコのシーンが多い。
そんなにタバコ好きなのかよ・・・消化の時ぐらい我慢しろw

たしかに、爆破シーンは最高に迫力があり、良い所も沢山あるのだが、、、

オイラ的には緊張度3000℃というよりは風呂の温度36℃といった温い作品でした。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1032-b8b3ca79

映画「リベラ・メ」

 衝撃的な映画で、画面に釘付けにされてしまった。  韓国の、ハリウッドに対抗できると言われた規模の、火災と放火魔との争いの映画である。部分部分で見れば、何らかのコピーの集まり見えてしまう。友人も「バックドラフト」のコピーに見えると言っていた。しかし、そ...

2008-09-08 22:35 | from 朕竹林   ~映画とネットとモバイル機器な日々~