CASSHERN - 羅夢の映画放浪記

CASSHERN

CASSHERN
評価 ★★★☆☆

そこはアメリカが存在しない世界。
大東亜連邦共和国の遺伝子工学の権威・東博士(寺尾總)は人体のスペアパーツを可能とする新造人間の開発に勤しんでいたが、その結果生まれたブライ(唐沢寿明)は人類に宣戦布告。
博士は、自分に逆らい戦場に赴いて戦死した息子・鉄也(伊勢谷友介)を新造人間としてよみがえらせた…。

吉田竜夫原作の名作SF-TVアニメを『SAKURAドロップス』など数々のPV演出で知られる紀里谷和明監督が、その独自のイマジネーションを駆使して映画化した話題作。

ほぼ全編CGと実写の融合による世界観は、まさに新たな映像の時代を予感させるものがあるが、その一方で人肌の温もりがきちんと伝わる映画になっているのが嬉しい。

原作アニメと設定の異なる部分も多いが、それらが原作に対するリスペクトを得ての結果であることは、シーンの端々にこめられた要素からおのずと理解でき、結果として原作に対するオマージュ感あふれる作品としても十分捉えることが出来る。

悪の総帥ブライの悲しき美学にシンパシーをこめて、そこから全ての争いを否定していくストレートなメッセージ性も、実に潔いものがあった。

宇多田ヒカルのミュージッククリップで知られる新鋭のクリエイター・紀里谷和明監督による同名コミックの映画化。
世界が大亜細亜連邦共和国とヨーロッパ連合に分断された時代を舞台に、人類を救済するために誕生した“新造人間”の活躍を描く。

この映画はアニメ『新造人間キャシャーン 』の実写版。
もうね3Dいっぱいで幾らかかってんだろうか?っというぐらい全面3Dを使っています。
ストーリーはマンガのイメージをリアルに描写、表現した感じなのでグロい。
メッセージ性はそこが見えない程深く、なにを言っているのか理解出来ているのかいないのか不安になる程芸術性高い作品に仕上がっている。

ただ、これって監督の趣味で作ったような映画なのかな?w
ちょっと追いていかないでーと思わず叫んでしまう程、世界観が独特で何度も見ないと意味が分らない。
表面は爽快アクション作だが、真のテーマは人間の欲望渦巻くカオス(混沌)の世界を表現しているのだろうか?

戦争はおきてるんではなくおこしていて、憎しみは憎しみを呼び、戦争に発展していく。
一度、原点にもどり、お互いの主張やプライドをなくして、お互いを思いやる、許してやる心をもてば戦争はなくなるという事が言いたいのでしょう。

まぁ、これからこの作品の続編が続々と出ればスターウォーズのような大作になるのでは?
まぁ、出てこなそうだけど・・・^^;
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1035-4d303b42