親指ウォーズ - 羅夢の映画放浪記

親指ウォーズ

親指ウォーズ
評価 ★★★☆☆

親指をキャラクターに見立てた『スター・ウォーズ』の異色パロディ。
表情豊かな親指たちが激しいバトルを展開。劇場公開時タイトルは『親指スター・ウォーズ』。

人の顔が描かれた親指たちが繰り広げるSF巨編のパロディコメディ。

この映画は題名の通り、指で『スター・ウォーズ』の世界を描いている脱力系パロディー。
『スター・ウォーズ』ファンならではのあるあるネタが満載で娯楽としてはなかなか楽しめます。

ネタをそのままパクっている、著作権にモロ引っ掛かりの作品ですが、非常に細かく作っていて、その出来の良さにジョージ・ルーカス監督が許したと言うエピソードまである。

感想としては、後半かなり飽きてきますw
長編だったら苛ついてたかも・・・
その微妙な空気を察知しているのかどうかしらないが、1時間弱で短くまとまっています。
オイラはそれでも途中飽きてしまったなぁw

しかも『スター・ウォーズ』知らない人が見たら最初から飽きるかもw
まぁ、たまにはこういう変った作品も悪くない。

ちなみに、顔の部分はCG合成でキモカワという感じのキャラクターなので好き嫌いはあるかもw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1038-49c9c86e