劇場版 NARUTO ナルト 大激突!幻の地底遺跡だってばよ - 羅夢の映画放浪記

劇場版 NARUTO ナルト 大激突!幻の地底遺跡だってばよ

劇場版 NARUTO-ナルト-大激突! 幻の地底遺跡だってばよ
評価 ★★★☆☆

迷子のペットを探す任務を遂行していたナルトとシカマル、サクラの3人は、突然、不気味な部隊に襲撃される。
部隊を操るのは、少年騎士テムジン。
激闘の末、暗い谷底に落ちたナルトとテムジンは、キャラバンの一行に助けられる。
意識を取り戻したナルトは、キャラバンの長老から、大昔に村を滅ぼした伝説の鉱石の存在を知る。
同じ頃、シカマルは巨大な移動要塞を目撃し、潜入した。
そこには恐ろしい陰謀が渦巻いていた!

2004年の夏に初お目見えとなった、『劇場版ナルト』。
約130万人を動員した大ヒットから1年、さらに迫力と感動を増した第二弾が登場した。
今回のテーマは、ずばり「仲間」。
人一倍情に厚いナルトが、少年騎士・テムジンと新たな出会いを果たす。
巨大な鉄棒で村を襲う甲冑戦士たち、不気味な力でナルトたちを襲う謎の敵を前に、激しい忍者戦闘を繰り広げるナルト、シカマル、サクラ。
そして今回、風の国「砂隠れの里」の忍者、我亜羅、カンクロウも登場し、岩に囲まれた森で大活躍を見せる。
TUBEが本作のために書き下ろした主題歌、「Ding! Dong! Dang!」も、物語にぴったりで耳に心地よい。
「決して諦めない」ナルトの熱い魂を、スクリーンで堪能したい!

累計発行部数5,000万部を数える岸本斉史原作による人気コミック「NARUTO-ナルト-」の、2005年の夏に公開された劇場版シリーズ第2弾。
巨大移動要塞や地底遺跡を舞台に、ナルトや奈良シカマルたちが繰り広げる熾烈な忍者大戦を壮大なスケールで描く。

このアニメは『劇場版 NARUTO ナルト』の第2弾。
ちょっとキャラ全員の顔に違和感を感じた事と、前回より感動が薄れているような気もしないではないが、今回も安定して楽しむ事は出来た。

『ドラえもん』や『ドラゴンボール』等が劇場アニメを支えてきたように、この作品もアニメ業界を支えていき、さらなる発展に繋がっていければいいのではないでしょうか。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1072-f1fb5727