笑の大学 - 羅夢の映画放浪記

笑の大学

笑の大学 スペシャル・エディション
評価 ★★★☆☆

戦時下の昭和15年の東京。
検閲官・向坂は劇団「笑の大学」の座付き作家・椿に次々と無理難題をふっかけ、直せなければ上演中止だと脚本の書き直しを迫る。
が、椿はその要求を聞いてさらに素晴らしい脚本を作りあげていく。
そんな2人が、ガチンコ対決を通して次第に不思議なきずなを芽生えさせていく様を描く。

もともと本作は三谷幸喜が手掛けた2人しか登場しない舞台劇として作られたもの。
それを映像として成立させるのはかなり難しかったはず。

でもそれを映像ならではの、他の登場人物などを取り入れつつ、懸命に作りあげた努力は素晴らしい。
特に劇団の看板スターに小松政夫を起用したのは拍手モノ。
また最初は完全に舞台を潰すつもりでいた検閲官が、次第に心変わりをしていく様を、役所広司が絶妙のサジ加減で演じていて魅せられる。

三谷幸喜原作の舞台を役所広司と稲垣吾郎共演で映画化。
開戦間近の時代、庶民の娯楽が規制される中で検閲官・向坂は喜劇作家・椿の台本に無理難題を付け上演を中止に持ち込もうとするが、それが逆に傑作コメディを生み出していく。

この映画は三谷幸喜監督のちょっと変わった喜劇作。
「戦争が始まろうとしているのに笑っている場合じゃない』という理由で、舞台と言う大衆娯楽にも検閲が入り、喜劇舞台を禁止する為、喜劇脚本に難癖を付けて廃止しようとする検閲官。
それに負けじと書き直す脚本家。

それぞれの使命を果たすべく、ぶつかりながら奮闘する姿自体が、まさに喜劇的だw

そして、奮闘しているうちに、なぜか最初の作品より素晴らしい喜劇作が生まれてしまう所も面白い。
絶対に笑わなかった検閲官もこの台本を通じて変わっていく様子も面白い。

シュールな展開で密室的空間の描写が多いのでちょっと飽きてしまう人もいるかもしれないが、プッっと吹き出して笑ってしまう部分も所々にちりばめられてある、とっても不思議な作品でしたw

今のお笑い芸人で例えるなら、『アンジャッシュ』のコントといった所か。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1109-27ac7611