イノセンス - 羅夢の映画放浪記

イノセンス

イノセンス スタンダード版
評価 ★★★★★

人々が電脳化された近未来。
少女型の愛玩用ロボットが暴走し、人間を殺傷するという事件が頻発する。

それを捜査する公安9課の刑事バトーは、自らの脳にハッキングを受けるという妨害を受けながらも、真実に近づいて行く…。

1995年に公開された『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』の直接的な続編であり、押井守監督のアニメ作品としても9年ぶりとなる、全世界待望の1作だ。
前作の主人公、草薙素子ももちろん“登場”する。

美麗なCGで彩られる画面の情報量も、サスペンス調の本筋を時に逸脱して語られる“禅問答”の量も、前作を遥かに凌駕。
躊躇なく難解な一方で、バトーという寡黙なサイボーグに感情移入しやすい味付けがなされているのが今作のミソだ。

そうして描かれる“未来”は、機械とネットに支配されながらもこの上なくウェット。

それこそが、前作が提示した“人間とは、魂とは何か”という問いへの渾身の回答なのだろう。

押井守監督による新世紀サイバーアクション『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の続編。
少女型愛玩ロボットが所有者を惨殺する事件が発生。
公安9課の刑事であり、脳以外が機械化されたサイボーグ・バトーが事件の真相に迫る。

このアニメは劇場版『GHOST IN THE SHELL(ゴースト・イン・ザ・シェル)/攻殻機動隊』の続編、第2弾。
本編の攻殻機動隊との関連はパラレルワールド的かと思われる。
しかし、以前に紹介した本編の『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society(スタンド・アローン・コンプレックス ソリッド・ステート・ソサイエティ)』と少しリンクしたかのような作りでもある。

内容的には、終始バトーの心情を表しているかのような哀愁漂う雰囲気に作られており、映像、音、共に最高によい仕上がりになっている。

ただ、内容が深すぎて伝わりづらく、つまらないと感じてしまう人もいるかもしれない。

オイラもすべてを理解できた訳ではないので、結構何回も見直している。
それでも良く分らないので、色々な人のレビュー見たりして勉強してますw

それと、本編を一通りみれば、多少理解できるかも。

攻殻機動隊を劇場版から入る人には少々厳しい作品かもしれないので、興味があったら本編を見てから劇場版を見てみよう。
また違った見方が出来ますよ。

ちなみに宮崎監督の右腕と呼ばれるプロデューサーの鈴木敏夫も今回促販という形で介入している。
この人、確かに凄腕プロデューサーでかなり有名な人なんだけど、、、、今回の草薙素子役に山口智子を起用しようとしていたという記事を発見した。。。

おいおい、大物プロデューサーだかなんだかしらないけど、芸能人使えば良いってもんじゃないっしょ!
話題性作りなんだろうが、アニメ声優をコロコロ変えたらそれこそ見に行かなくなるぞw
大物プロデューサーで、しかもアニメ精通でしょ?
声優変えただけで駄作の烙印押される危険性は考えないのかw

宮崎作でも最近芸能人ばっか使ってるけど、感情移入出来ないヘタクソな中途半端な芸能人声優のせいで駄作だと書かれてるレビューあるのしらないのかな?

まぁ、宮崎作は自分のフィールドだから別に良いとしても、他のフィールドで荒らすのはやめてほしい。

今回は未遂に終ったからいいものを・・・

ホント頼みますよ。。。

もしかしたらTVCMで使われた本作品に出演していない藤原竜也と宮崎あおいも実は候補?・・・

考えただけで、怒りが込み上げてくるぜw

【注意】別に芸能人声優や鈴木敏夫を批判しているわけではないので誤解がないようにw

最後に、日本のタイトルでは『イノセンス』というシンプルな題名で、『攻殻機動隊』という表記はまったくない、これも押井守監督の深いメッセージや戦略の一つなのだろうが、アメリカでは理解されず、アメリカ版では分かりやすいように『GHOST IN THE SHELL2(ゴースト・イン・ザ・シェル2)/攻殻機動隊』と表記するよう厳重に注意されたという裏話もあるらしいw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1143-4f2655df