ローレライ - 羅夢の映画放浪記

ローレライ

ローレライ
評価 ★★★☆☆

福井晴敏のベストセラー小説『終戦のローレライ』を原作に、平成ガメラ・シリーズなどの特技監督として知られる樋口真嗣が長編実写映画監督デビューしてお届けする海洋冒険スペクタクル大作。

1945年8月、絹見少佐(役所広司)は浅倉大佐(堤真一)の密命を受け、広島に続く本土への原爆投下を阻止すべく、ローレライ・システムなる新型特殊兵器が搭載された伊号五〇七潜水艦に乗り込み、太平洋に向けて出航するが…。

人間側の演出に若干不慣れな箇所は目立つが、豪華キャスト陣がそれを巧みにカバー。
役所広司扮する主人公ヒーローには、男もほれぼれするほどだ。

またヴィジュアル面では樋口監督の本領が発揮され、ダイナミックな海戦シーンの数々が構築。
戦争映画として心意気などもさりげなく盛り込まれており、これまでの日本映画にない斬新なエンターテインメントとして、見事に2時間強を熱く突っ走ってくれている。

福井晴敏原作の「終戦のローレライ」を映画化。
1945年8月、ドイツ降伏後日本海軍に収容された潜水艦「伊507」の艦内を舞台に、任務を負ったクルーたちの様々な思いが交錯する。
果たして、クルーたちは任務を遂行することができるのか…。

この映画は潜水艦を題材にした作品。
一番興味をもったのは『ローレライ・システム』という潜水艦に搭載されている、新型特殊兵器。

この兵器は最強ソナーシステムで、なになに?なにそれ!なんて期待していたら、、、

超能力少女が出てきた・・・w

一瞬「え?」っと思った次の瞬間、「この映画は遊び(妄想、TV娯楽)として作ってるんだな」っと頭を切り替えた事で、なんとか最後まで見る事が出来たw

超能力に頼るという発想はなかなか面白いし、潜水艦に女を乗せてはいけないという迷信や言い伝えを逆に利用し、魔女的存在にしたのは娯楽としてはよかった。

しかし、リアルな潜水艦を期待していた人はガッカリしたのではないでしょうか。

お決まりの犠牲を伴うシーンも面白くしようとしているのミエミエだし、偽善者ぶってる作品という辛い評価もある。

たしかに、と思える部分も沢山あるが、小説から飛び出た架空の世界という設定を念頭に置けばそれなりに楽しめますよw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1145-83a41b31