復讐のビッグガン リヨン連続殺人事件 - 羅夢の映画放浪記

復讐のビッグガン リヨン連続殺人事件

復讐のビッグガン・リヨン連続殺人事件_凶悪の街・刑事の勲章
評価 ★★★☆☆

犯罪者やチンピラばかりを狙った連続殺人事件で娘を殺された元刑事が自分の手で犯人を捕らえようとする。
かつての同僚の忠告も聞き入れず、彼はたった一人で捜査をするが犯人の背後には意外な人物の姿があった……。

アクション映画の形を借りたかつてのスター、A・ドロンのアイドル映画だと言って差し支えない。
冒頭にある喧嘩の場面で上半身裸になったA・ドロンがまだまだ体は衰えていないことを十二分に見せつけた後、女性刑事とロマンスしながら渋い中年の魅力を見せつける。
ピエロに扮して意外な一面を見せ、おまけにエンディング・テーマのデュエット曲まで歌う大サービスぶり。
これをアイドル映画と言わずして何と言うのだ!

今となってはA・ドロンが二枚目の代名詞だったと知っているのは中年以上の年齢層だけだがかつては確かに彼は大スターでありアイドルだった時代が存在した。
彼が元気に活躍している、それだけで嬉しい。
映画の出来は別にして。

この映画は1986年に制作されたアラン・ドロン主演の復讐アクション。
引退した刑事が娘の復讐に燃えるという、かなりバイオレンスなアクションで復讐の為なら何でもする非情な刑事を演じている。

監督はジョゼ・ピネーロ。
主演はアラン・ドロン、ジャック・ペラン等。
98分とTV用にぴったりのお手ごろな時間設定です。

当時の日本の劇場では未公開だったらしい。
あんまり評価は良くなかったみたいですw

日本用DVDが見当たらなかったのでたぶんないのかもしれない。
見たい人はビデオで探すといいでしょう。
ただし、題名が『凶悪の街・刑事の勲章』と全然違いますので、こちらで探して見ましょう。

内容的には・・・

マズイ!
まったく思い出せないw
上記に「ピエロに扮して意外な一面を見せ・・・」なんて印象的なシーンも思い出せない・・・
たまにこういうまったく思い出せない映画ってあるんですよねぇ・・・
見た意味あるのか?っとテンション下がりまくりw
ちょっと思い出したら続き書きますw

【記事を書いてからその後・・・】

期間限定だと思うけど、YAHOO映画という無料で映画見れるサイトで、たまたま『復讐のビッグガン』が放映してたので、見てきましたw

んー、アラン・ドロンが渋くてカッコイイという印象だけだなぁw
犯人達はアラン・ドロンの娘を殺してしまったのが運の尽き。
地獄の底まで追い掛けるアラン・ドロンは恐すぎw

上記のピエロの変装シーンは、最後倉庫?みたいなところで倉庫内背景と同化する為に、カモフラージュして敵の目を欺いてましたw
そしてラストの銃撃シーンはなんでもありだったねぇ、ブラックコメディ満載だったしw

ストーリー展開は強引な部分が多々あるし、またすぐに忘れてしまいそうな内容でした。
TV娯楽としてはそれなりに楽しめますがw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1152-01a9efcd