デスノート DEATH NOTE リライト ~幻視する神~ - 羅夢の映画放浪記

デスノート DEATH NOTE リライト ~幻視する神~

DEATH NOTE リライト ~幻視する神~
評価 ★★★★☆

月 vs L、再び。
ディレクターズカット完全決着版!
2007年8月に金曜特別ロードショー枠で放送。

ただのアニメシリーズ総集編ではなく「リューク」視点で夜神月とLとの頭脳戦を中心に再構成されたディレクターズカット完全決着版。
新たに追加したシーン、それに伴う再アフレコなど、見所満載の130分!

「月を越える人間が出てこなくてな。どいつもこいつもライトの足下にも及ばねぇ・・・あいつは神になろうとしていたんだからな・・・」

天才的な頭脳を持ち、日常に退屈している高校生・夜神月はある日、高校の校庭に落ちている1冊のノートを拾う。
表紙に「DEATH NOTE」と書かれたそのノートには、英語で「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」という注意書きがあった。
月は、デスノートを使って悪人を掃討し、理想的な新世界を創り上げることを決意する。

世の中に溢れる犯罪者たちに次々と死の制裁を下し、いつしか“キラ”と呼ばれるようになる月。

果たして月=キラは、世界を救う救世主なのか。
それとも独裁的な殺人者なのか。
キラを崇拝する者、その行為を否定する者。
世界は大きく揺れ動いていく…。

一方、キラの存在にいち早く気付き、その犯罪行為を止めるべく、世界的な名探偵・Lが捜査に乗り出す。
全世界を巻き込み、月vs L―天才vs天才―の熾烈な頭脳戦が始まる!

「週刊少年ジャンプ」での連載スタートと同時に、圧倒的人気を獲得した、カリスマ・コミック「デスノート」のTVアニメ版を、夜神月とLとの頭脳戦を中心に再構成し、新作カットをプラスしたディレクターズ・カット版。

このアニメは漫画『デスノート』のアニメ編集版。

実写版『デスノート』レビューで前にも話したが、この作品は漫画もアニメも全く見ていない、オイラにしてはめずらしいあんまり興味ない作品。

しかし、実写版を見てしまったので、アニメも見ておかないとなぁ・・・なんて思ってた時にちょうど編集版がやっていたのでラッキー!

見てみたら、やっぱりアニメの方が違和感なく見れるな、でも実写版もまぁまぁ駄作にならずに上手くハマってる作品でもあったなぁっとw

結局は総編集なので、アニメと比べたら深くないでしょう。
もっと深く知りたい人はアニメ又は漫画を読みましょう。

まぁ、オイラみたいなもんは総編集版でも見て満足してろって事w

ちなみに、今度このシリーズの第2弾がTVでやるらしい。
もちろんオイラみたいなもんはチェック済みって事。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1173-6bbd1590