フラガール - 羅夢の映画放浪記

フラガール

フラガール(スマイルBEST)
評価 ★★★★☆

昭和40年、閉鎖の迫る炭鉱のまちを救うため、北国をハワイに変えるという、起死回生のプロジェクトが持ち上がった!
目玉となるのはフラダンスショー。
誰も見たことがないフラダンスを炭鉱娘に教えるため、東京からダンサーがやってきた。
最初は嫌々ながら教える彼女だったが、生きるためにひたむきに踊る少女たちの姿に、いつしか忘れかけていた情熱を思い出してゆく。
しかし世間の風当たりはつめたく、教える相手はドシロウト。
果たして常夏の楽園は誕生するのか?
オープンの日は迎えられるのか!?
李相日監督×松雪泰子主演で贈る愛と勇気のエンターテイメントショー。

昭和40年、福島県いわき市は炭鉱の町だったが、石炭から石油へエネルギー源が変わり、閉山が続いていた。
その危機に炭鉱会社が目をつけたのは観光。
いわき市にレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」と作ろうとする。
目玉はフラダンスのステージだったが、ダンサー募集に集まったのは素人の娘たち。
ダンス教師として東京からプロのダンサーを呼ぶが、彼女は田舎をバカにして教える気がない。
しかし、次第に娘たちの一途さに心を動かされる。

現在「スパ・リゾート・ハワイアンズ」に改名した元「常磐ハワイアンセンター」誕生実話を映画化。
炭鉱の町の危機をフラダンスで救おうとするけなげな女性たちを受け入れなかった炭鉱の男たちが、彼女たちの熱心さに心を開いていくプロセスや、家族のエピソードなど、ひとつひとつに胸が打たれる。
ちょっとした一言に涙が溢れてしまうのは、感動の琴線にふれる脚本とキャストの熱演。
とりわけ教師演じる松雪、メインダンサーを演じる蒼井優、徳永えり、池津祥子、南海キャンディーズのしずちゃんの体当たりの演技によるところも大きい。
実話の中に『ウォーターボーイズ』のひとつのことに打ち込む情熱、『リトル・ダンサー』の子供の成長と親子の愛情などのエッセンスが盛り込まれ、楽しく感動できる作品になった。

この映画は福島県のレジャー施設の復興という実話を元にした作品。
邦画でお馴染みの『Shall we ダンス?』とか『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』などのパターンに似ていましたねぇ。
以外と舌ったらずの『しずちゃん』の演技がいい味だしていたのには驚いたがw
最後のハワイダンスは圧巻、北野監督作『座頭市』のラストダンスシーンのような素晴らしい出来だった。

まぁ、上記の最近の邦画パターンが嫌いな人にはオススメできないが、ストレートなストーリーでなにも考えずに気楽に見れる娯楽作としてはオススメです。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1213-65108f8c