着信アリ - 羅夢の映画放浪記

着信アリ

着信アリ(通常版・2枚組)
評価 ★★★☆☆

秋元康の原作を三池崇史が監督し、主演に『世界の中心で、愛をさけぶ』の柴咲コウを迎えた心霊ホラー。
携帯電話にまつわる死の呪いで、女子大生・由美の友人たちが次々と怪死、彼女は謎の解明に乗り出すが・・・。
劇場映画では世界初となるPSTを採用。

『ゼブラーマン』の三池崇史が監督、柴咲コウ初主演となる心霊ホラー。
携帯電話に聞き覚えの無い着信音を聞いた人物が次々と謎の怪死を遂げていき、女子大生・由美が謎の解明に乗り出す。

ある日友人の携帯に届いた奇妙なメッセージ。
それは3日後に訪れる死を知らせるメッセージだった…。
柴崎コウ主演、原作は秋元康。
そして監督には三池崇史が起用されている。

この映画は携帯電話を使って恐怖を煽る日本のホラー作品。
携帯の普及で誰でも持っている誰とでも簡単に繋がれているネットワークを駆使したストーリー。
知らない番号が着信し、知らない着信音がなった人は3日後に死ぬという都市伝説はまるで貞子のビデオ短縮版w

設定も曖昧で、その電話に出なければ助かるの?飴玉の意味は?とか頭が混乱する個所が多数ある。

そして、携帯を捨てても壊してもいつの間にか自分の元に帰ってくると言う物理的に?な部分もある。

唯一新鮮!っと思ったシーンはTV中継で幽霊にベッキベキにされるシーンをみんなが目撃してる事。

こういう類いの映画ってひっそり幽霊がベッキベキにする作品しかなくて、他の人は見てないから『無関心』、『信じない』という設定が多い中、この作品は多くの人が幽霊にベッキベキにされるシーンを見ている・・・これ大問題w

これを機に世間が揺れるのかと思ったが、そうでもない。

これまで、謎の連続殺人として扱われていたフセンを一気に覆した、人1人、見えない殺人者に多くの目の前でベッキベキにされているのに・・・

そして、助かる方法のない、出口のない救えないストーリー。

いったい、何の為にこういうストーリーを見なくてはいけないのかと、自問自答、、、虚しくなります。。。

その後、この着信オンが流行ったのは言うまでもない。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1224-76cf55a7