ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス - 羅夢の映画放浪記

ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス

ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス【劇場版】
評価 ★★★☆☆

95年公開の10年ぶり5作目の『ルパン三世』劇場用作品。
今回のルパンの獲物は、5000万ドルの価値があるといわれる失われたノストラダムスの予言書。
それが保管されているのは、ダグラス財団が保有する地上1000メートルの超高層ハイテクビルの最上階。

予言書を保有していると主張するノストラダムス教団も、それを奪うためダグラス家の一人娘ジュリアを誘拐し、恐喝に出る。
だが、ダグラスはそれを逆手にとって大衆の支持を集め、大統領選に望もうと企てる。

久しぶりの劇場版ということもあって、作画レベルの高さはもちろん、ダグラスビルのギミックなど細部に大変凝ったものとなっている。

なお、本作品製作中に長年ルパンを演じてきた山田康雄が他界したため、今回から栗田貫一が代打に立って、なかなかの健闘ぶりをみせている。

10年ぶりに公開された、劇場版第5作が低価格で再発売。
‘ノストラダムスの予言書’を巡るルパン一味の活躍を描く。
今作からルパンの声を栗田貫一が担当。

この映画は『ルパン三世』劇場版、作品数としては第5弾目。
週間アニメで見れなくなり、その後TVスペシャルと劇場版に発展していく。
現在では1年に一回見る事ができる様になった。

そして、この作品は重大な変化があった次期でもある。

それは、『ルパン』の声優、『山田康雄』が亡くなってしまったという事。
その事により、声優ののかわりを勤める人は誰かという事で話題にもなりました。

当時、ものまね番組が絶好調の頃でもあり、栗田貫一が頻繁に『ルパン三世』のモノマネをしていたのを覚えている。

けっこう似てるなぁなんて思っていたら、声優のかわりを栗田貫一に決定という大ニュースに発展!

ファンの間でも、あの渋い声は出せないと賛否両論飛び交り祭りになった事は言う間でもないw

そして、オイラも「どんな仕上がりになっているのか?」っと楽しみにしていた1人でもある。

感想はというと、、、栗田貫一のものまね大好きだったオイラだったけど、アテレコすると、やっぱ所々違和感があるよね。
普通に喋ったり低い時は似てたりするんだけど、おちゃらけたりする高い声は、無理矢理似せようとしている強引さを感じ、物語に集中出来ないし、、、

という事で、この物語の内容ってぶっちゃけほとんど覚えて無かったりするw

しかし、「やっぱ、似てない!」とファンのブーイングを受けるが、現在は定着しつつある。
よかったねぇ、栗田貫一さん、よく耐えたっとしか言い様がない。

そんな事より、オイラが一番残念だった事は、『ルパン三世』の声が似てないっという事より、『ものまね四天王』でもあった栗田貫一が『ものまね会』から消えてしまった事・・・
現在でも、ごくたまに出てくるが、『ルパン』のものまねも一生見れなくなってしまった事・・・

某遊園地の営業で超近くで見せてもらった、あの強烈に感動した伝説のものまねはもう見れないのかと思うと考え深いものがある。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1249-8f5103e9