エグゼクティブ・コマンド - 羅夢の映画放浪記

エグゼクティブ・コマンド

エグゼクティブ・コマンド
評価 ★★★☆☆

米国防総省と空軍が全面協力した迫力のアクション。
米副大統領を乗せたジャンボ機が、組織のボスの釈放を狙うテロリストにハイジャックされた。
FBI捜査官・リックらはステルス戦闘機でジャンボ機と空中でドッキングし、機内に潜入する作戦を立てる。

米国防総省と空軍が全面協力した迫力のアクション。
米副大統領を乗せたジャンボ機が、組織のボスの釈放を狙うテロリストにハイジャックされた。
FBI捜査官・リックらはステルス戦闘機でジャンボ機と空中でドッキングし、機内に潜入する作戦を立てる。

この映画はハイジャックを題材にしたアクション作品。
米副大統領をのせたジャンボジェット機を乗っ取り、刑務所にいる組織の大ボスを釈放しろと要求するテロリスト犯達。
この危機的状況をどう打開するか?っというストーリー。

オイラ、この作品を見た瞬間、「あれ?見た事あるけど、ちょっと違うな?なんだろ?」っと最初不思議な気持ちになったのを覚えている。

気になったので調べてみたら、『エグゼクティブ・デシジョン』のパクりという記事を発見w
パクりなのか焼き回しなのかよくわからないが、、、同じと言っても良いくらい似ている。
これ公認で作られてなく、別企画で作られた映画だとしたら、著作権どうなってるのだろうか・・・

まぁ、オイラは両方見たので感想を言うと、両方B級でツッコミ所満載だが、事件の解決方法は『エグゼクティブ・デシジョン』、結末は『エグゼクティブ・コマンド』っと言った所か。
ただし、『エグゼクティブ・デシジョン』はオイラの心の師匠、スティーヴン・セガールを呆気無く殺しているのであんまり好きではないがw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1263-2193fabd