リロ・アンド・スティッチ - 羅夢の映画放浪記

リロ・アンド・スティッチ

リロ&スティッチ [DVD]
評価 ★★★★☆

温かくておかしくて想像力に富んだ『リロ&スティッチ』は、ディズニーがここ数年の間に作ったアニメ映画の中で最良の作品だ。
トゥーロ星でマッド・サイエンティストのジャンバ・ジュキーバ(声はデヴィッド・オグデン・スタイアーズ)が、破壊する欲望をプログラムされた小型のモンスターを造り出した。

そのモンスターが逃亡し地球に着き、ハワイ人の孤独な少女リロ(デイヴィー・チェイス)にペットとして引き取られ、スティッチと名づけられる。

リロと姉のナニ(ティア・カレル)は、両親の死後、一緒に暮すために苦労してきた。

スティッチとリロは、福祉局のソーシャル・ワーカー、コブラ・バブルス(ヴィング・レームズ)や銀河警察の捜査官をかわしながら、笑いを誘う冒険を共にする。

リロたちは、家族とはその中に生まれた場合と自分たちで作っていく場合があるという教訓を学ぶ。

『アイアン・ジャイアント』や宮崎駿の映画を思い起こさせる温か味と誠実さのお陰で、『リロ&スティッチ』は大人と子どもが一緒に心から楽しめる魅力的なファンタジーに仕上がっている。

本作が劇場映画デビューとなるC・サンダースとD・デュボアによるハートフルファンタジー。
カウアイ島で、両親を亡くし姉と2人で暮らす5歳の少女と、宇宙からやってきた不思議な生物・スティッチの触れ合いを通し、家族“オハナ”の精神を描いた感動作。

この映画はディズニー制作の心温まるファンタジー作品。

可愛い見た目とは裏腹に、悪戯で世界をも滅亡させる凶暴な『スティッチ』が、わがままで孤独な一人の少女に偶然出合う。
そして、この運命的な出会いが二人を大きく成長させていく、という感じのストーリー。

最近のディズニー作は駄作が多いから、今回もどうだろうとあまり期待していなかった。
しかし、意外や意外、ハワイアン文化とアニメが上手く融合している素晴らしい作品だった。

オイラは最初、リロのわがままっぷりには正直イライラした。
っが、『スティッチ』を通じてどんどん成長するリロの姿に、イライラが感動に変わってく。

そしてなにより、愛と家族というテーマがかなり良い味を出しており、さらに物語を良くしている。

リロの子供特有の表情や行動、性格等の細かい描写も『スティッチ』の表情一つにしても、どれに注目しても素晴らしい出来で、さすがディズニーと言った所。

ディズニー離れした人も騙されたと思って一回見てみよう。

ちなみに日本ではアニメシリーズになってますねぇ。
オイラは見てませんが、こっちも面白いのでしょうか?
コメント
非公開コメント

スティッチの映画って何作かあるけど、
これが一番好きなんだ♪

ナニがスティッチを追い出そうとした時に、
リロが、スティッチもオハナだよって引き留めるんだけど、
その時にナニとリロが言う、
『オハナは家族、家族はいつも側にいる。例え何があっても。』
って言う言葉が大好きデス(*´ェ`*)

スティッチは今、リロ&スティッチの他に、
沖縄が舞台になった新シリーズがやってるよ。
沖縄のは…イマイチ好きになれん(T-T)
スティッチ日本語上手くなってるんだもん。

2009-05-28 11:42 | from きほっち

このシリーズは色々あるみたいで、今はアニメシリーズやってるみたいだね。

オイラはアニメの方は情報しってたけどあえて見なかったw

このアニメって家族愛が素晴らしいし、友情も素晴らしく描かれてるねぇ。

日本語上手くなってるのかw
たしかに、あんまり言葉がしゃべれない所にかわいさがあったよね。

2009-05-31 22:30 | from ラム | Edit

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1305-81be602c