恋する遺伝子 - 羅夢の映画放浪記

恋する遺伝子

恋する遺伝子 [DVD]
評価 ★★★☆☆

アシュレー・ジャド&ヒュー・ジャックマンが贈る『オトナの恋愛』ハウ・ツー・ムービー。

NYのテレビ局に務めるジェーンは、新任プロデューサー・レイとあっという間に相思相愛。
「一緒に住もう」の言葉に、頭の中は「恋」の一色! 早急、引越しを……と思いきや、レイと元カノジョとの復活愛が発覚!

傷心のジェーンは「オスの牛は、同じ雌牛とは"二度と交尾しない"という記事にピーン!ときた。

人間の男もウシと一緒!

その理論を友人の雑誌に発表するやいなや大ブレイク!

ところがジェーンの同僚で超プレイボーイのエディは「人間は牛とは違う!」と猛反発。
折しもアパートの解約日が迫り、ジェーンはしぶしぶルームメイト募集中のエディのアパートメントに転がり込むことになるのだが……。

TV局勤務のジェーンはプロデューサーとアツアツの関係になるが、突然同棲を解消されパニック。
しかし「なぜフラれたか」を追求し、その研究をエッセイとして発表したら大ヒット。
一躍時の人となるが…。

アシュレイ・ジャッド主演のNYを舞台にしたロマンティックコメディ。
メグ・ライアンあたりが演じそうな役だが、ジャッドも負けじとチャーミングな魅力を振りまき、好感度大。

またヒロインのルームメイトの同僚演じるヒュー・ジャックマンが、一見軽い男だけど、実は情が深くて気のいい男をサラリと演じ、男っぷりをあげる好演を見せているのも一見の価値あり。

ジャッドのカジュアルなファッションもセンスよくまとめられ、肩の力を抜いて楽しめるオシャレでスイートなコメディだ。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は典型的なラブコメディ作品。

恋をしている時は幸せで前向きなのだが、恋をしていない時は悲観的になり人の事が悪く見えてしまう。

そんな恋愛時の心理状態を上手く表現している作品。

オイラ的にはアメリカテイストのやかましい作品なので、見ていてちょっと疲れてしまったw

まぁ、この映画の教訓は愛は盲目という事なのだろう。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1346-525133c4