ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 - 羅夢の映画放浪記

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 [DVD]
評価 ★★★☆☆

マイケル・ダグラス、キャスリーン・ターナー、ダニー・デビートの黄金トリオが放つ、ロマンティック・アドベンチャー。

冒険小説のベストセラー女流作家ジョーンは、誘拐され危機に瀕している姉を救うため単身コロンビアへ。

そこで彼女が出会ったのはうさんくさい冒険家ジャックだった。

やがて事件は伝説のエメラルドを巡る大陰謀へと発展、次から次へとやってくる絶体絶命の危機を彼女の小説さながらに見事にくぐり抜けていく!

ロバート・ゼメキス監督がエメラルド争奪戦を描いた冒険アクション。
誘拐された姉を探しにコロンビアへやって来た女流作家は、そこでひとりの冒険家に出会い…。

ハーレクイン・ロマンスの人気作家、ジョーン・ワイルダー(キャスリーン・ターナー)。
誘拐された姉を救出するために、彼女は1人南米コロンビアへ向かった。
そこで、まるで自分の小説のヒーローのような、粗野でセクシーな男ジャック(マイケル・ダグラス)と知り合う。
やがて2人は、密林でくり広げられる秘宝のエメラルド争奪戦にまき込まれてしまう。

主演のマイケル・ダグラスがプロデューサーも兼ねた、ロマンスと冒険がたっぷり詰まったアクションアドベンチャーである。
監督は、のちに『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3 部作や『フォレスト・ガンプ/一期一会』などのエンターテインメント作品を世に送りだす、ロバート・ゼメキスである。
太っちょの名優ダニー・デヴィートもイイ味を出している。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1984年、マイケル・ダグラス主演の冒険活劇。

ワイルドな『インディ・ジョーンズ』とはちょい違った路線、セクシーを売りにしている作品でした。

内容的にはドタバタアドベンチャーで、『インディ・ジョーンズ』とは違った楽しみ方ができる。

ただ、少し強引なストーリー展開が目立つ作品でもある。

まぁ、若いマイケル・ダグラスがカッコイイので許すw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1350-a3c02146