アナコンダ2 - 羅夢の映画放浪記

アナコンダ2

アナコンダ2 [DVD]
評価 ★★★☆☆

8年前は、惨劇の序章だった…

不老の秘薬を求め、利益に群がる人間たちが密林に足を踏み入れた。
それが阿鼻叫喚の蛇地獄の始まりとも知らずに…。
触れてはならない聖域を犯してしまった彼らに待ち受けていたのは、おびただしい数の邪悪な生き物。
欲が渦巻きお互いが疑心暗鬼になる中、容赦なく人間を飲み込んでいくアナコンダ。
果たして生き残れるのは誰なのか?
すぐそばにアナコンダは潜んでいる。

巨大アナコンダと人間との死闘をVFX満載で描いたモンスターパニックの続編。
ボルネオの奥地を訪れたアメリカの科学者チームに、おびただしい数のアナコンダが襲い掛かり…。

不老の秘薬である蘭の花を採取して、特許をとって大金持ちになろうとしている研究者のチームがボルネオにやってきた。

ところが時期は雨期。
船を出してジャングルに向かってくれる船などいやしない。

そこで彼らは大金を支払って、屈強な男ふたりと契約して、花搾取に向かうが、そこには邪悪な大蛇がとぐろを巻いて、獲物がやってくるのを待ちわびていた…。

ヒット作『アナコンダ』とドラマの構成は同じながら、アナコンダの迫力と恐怖は倍増!
生きてるヘビを使ったようにしか見えない、アナコンダのリアルな映像はかなりショッキング。
動物と共存するジャングルだけに、何がどこにどうやって現れるのかわからないので、研究チ-ムのメンバー同様に、見ている間は緊張と興奮でドキドキしっぱなしだ。
いわゆるB級のカテゴリ-に入る映画だが、ドゥワイト・リトル監督の切れ味の鋭い演出にはうなるばかり。
B級の傑作と言えるだろう。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は『アナコンダ』の続編、第2弾。
前回は1匹の大蛇に苦戦するストーリーだったが、今回は数がヤバイですw
それ以外は前作同様、仲間同士の言い争いや裏切ったり、絆が深まったりする等の人間模様を楽しむ作品。

まぁ、今回は数で勝負したB級パニックストーリーと言った所か。
脅し方の演出も、前作で見た事あるようなシーンが何ケ所かあったしw

ただし、何も考えず気楽に見る事が出来るストーリー展開なので、TV娯楽パニック作としては普通に楽しめる作品だと思います。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1354-a3409430