アナライズ・ミー - 羅夢の映画放浪記

アナライズ・ミー

アナライズ・ミー [DVD]
評価 ★★★☆☆

ニューヨークで絶大な権力を誇るマフィアのボス、ポールが、ストレスからくる「パニック症候群」と診断された。
そこで人目を忍び、精神分析医ベンの元に通う。
だがファミリーは、秘密を知ったベンを殺そうとする…。

映画界を代表する名優ロバート・デ・ニーロが、売れっ子コメディアンのビリー・クリスタルと組んだコメディー作品である。

マフィアのボスが精神分析を受けるという、普通では考えられないストーリーがミソ。

2人のチグハグでコミカルなやりとりに、思いっきり大笑いしてストレスを解消してほしい。

監督は『恋はデジャ・ブ』などの現代的なコメディーを得意とする、俳優でもあるハロルド・ライミス。ベンの婚約者を演じる、『フレンズ』などの名花、リサ・クードローにも注目だ。

『アンタッチャブル』のR・デ・ニーロがマフィアのボスを演じる話題作。
精神病のマフィアのボスと彼を治療する精神科医が、次第に友情を育んでゆく姿をコミカルに綴る。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1999年に製作された、マフィアのボスとカウンセラーのドタバタ友情コメディ。
マフィアのボスはストレスが溜まるという発想を面白可笑しく描いている。
それに、マフィアとしての残忍な一面もブラックユーモアにしてしまう所は、さすがアメリカ映画と言った所かw

内容的には面白い作品で、ぶっ飛んだやりとりはなかなかリアルだと感じてしまったw

ただ、オイラ的にはマフィアってカッコイイ、面白いって助長しないか心配^^;
それほど『ロバート・デ・ニーロ』の演技は作品に溶け込んでいる。
まぁ、ちょっと強引な設定ではあるが。

ちなみに、この作品の『ロバート・デ・ニーロ』はちょっと太りぎみで、日本でモノマネしている『どーよ』の『テル』にそっくりだったw

さらにちなみに、2003年に『アナライズ・ユー』という続編が出てるらしいので、機会があったら見てみよう。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1356-0ea5d7cc