ルパン三世 sweet lost night(スイート・ロスト・ナイト) - 羅夢の映画放浪記

ルパン三世 sweet lost night(スイート・ロスト・ナイト)

ルパン三世「sweet lost night」~魔法のランプは悪夢の予感~【通常版】 [DVD]
評価 ★★★☆☆

「オレ泥棒だからさー、泥棒がもの盗まれて黙ってるわけにはいかないでしょ」

2008年7月25日金曜特別ロードショーで放送され高い視聴率を獲得した『ルパン三世』テレビスペシャル・シリーズ第20弾!

またまた不二子に頼まれて「魔法のランプ」を盗んだルパン。
何でも願い事が叶うランプから出てきたのは妖精。
その妖精とキスしたはずのルパンにはそれから朝までの記憶がなくなって…。
そのランプ実は、レーザーオートマチックメモリープログラム(略してLAMP)という記憶を、デジタル信号に変えて保存する脳のスキャナー装置だったのだ。
これが手に入れば、戦争も平和も操ることができると知って、戦争屋、科学者、ルパンの争奪戦が繰り広げられる。
果たしてルパンの記憶は取り戻せるのか…

人気アニメシリーズ「ルパン三世」のTVスペシャル第20弾。
今回のお宝は「魔法のランプ」。
早々と盗み出すことに成功したルパンがランプをこすってみると中から魔人ではなく妖精が出現。
彼の願いを叶えると申し出るが…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

このアニメは2008年7月25日に放送された『ルパン三世』TVスペシャルシリーズ第20弾。

今回のキャラ絵は古臭く、味のある昔のルパン作を思い出せる良い絵に仕上がっていた。

しかし、背景が妙にリアルで3D3Dしすぎている為、キャラがかなり浮いているw
ストーリー的にもかなりの大味でなんでもあり状態・・・ルパンの世界観を全く生かしきれていない。
キャラクターの性格設定も軸がしっかりしていなく、今まで見た事のない不自然なルパン一行がみれますよ。

まだまだツッコミ所満載の今作、オイラ的にツッコミたい部分は、フジコちゃんをゴエモンがヘリから助ける時の間違え切り(フジコを間違えて裸にしてしまうシーン)や最後のオチなんかは、、、本当に適当だよねw

それに、他の人の記憶も戻さないでいいのか?
銭形のおっちゃんの記憶喪失の意図は?

・・・なんか全体的にモヤりすぎている駄作に近い作品になっていましたw

あえて誉めるなら、昔っぽいキャラクターの絵くらいではないでしょうか。
今後のルパンシリーズが心配になってきます。。。

ちなみに題名は『ルパン三世 sweet lost night(スイート・ロスト・ナイト) 魔法のランプは悪夢の予感』となっていて、この作品を探す時は『sweet lost night』と英文で入力するとDVDなどの情報が引っ掛かりやすいです。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1373-9b29c94f