デスノート DEATH NOTE リライト2 ~Lを継ぐ者~ - 羅夢の映画放浪記

デスノート DEATH NOTE リライト2 ~Lを継ぐ者~

DEATH NOTE リライト2 Lを継ぐ者 [DVD]
評価 ★★★☆☆

前作「DEATH NOTE リライト 幻視する神」の続編!

大人気「DEATH NOTE」シリーズ、コミックス、実写映画、テレビアニメといずれもが大ヒット、2008年2月にはスピンオフ「Lchange the WorLd」が公開された一連「DEATH NOTE」。
今作はアニメのスペシャル版!

Lの死後、YB倉庫での月vsニアの最終編を中心に構成。
Lが殉職した第1部から4年後の第2部、月(ライト)とLの後継者であるニア&メロの対決、そして決着までを描いた完結編。

新作カット、オリジナルシーンを追加!
・「Lです。」から始まる、Lらしいコメントから放送開始。
・前作「DEATH NOTE リライト 幻視する神」の内容を、Lとワタリが解説。

Lの墓前での勝利宣言から4年後、夜神月は警察庁に入庁していた。
世の中ではキラの裁きは勢いを増し、公にキラを認める国まで現れている。
Lの死後、「なぜLが敗れたのか?」を一人考え続けていたニアは、キラ対策本部『SPK』を訪れ、「キラは2代目L」と言い放つ。
そしてSPKの指揮権を握ったニアは、捜査本部に電話を入れ、月に宣戦布告を果たす。

大場つぐみ原作による人気漫画のTVアニメスペシャル第2弾。
Lの死から4年が経過。
「ワイミーズハウス」でメロにLの後継を託されたニアは、今やキラを捕まえるための中心人物となっていた。
彼は「2代目L」を名乗る夜神月こそがキラだと確信するが…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

このアニメは日本テレビ系で放送された『デスノート DEATH NOTE リライト ~幻視する神~』の続編、第2弾。

内容的には、実写版の結末とは違う、Lがライト(キラ)に敗れたその後のお話。

まぁ、いわゆるアニメの総編集版なので、漫画やアニメで表現しきれていない部分が沢山ある作品なのかもしれないが、オイラ程度のユーザにはこの内容で結構お腹いっぱいになれましたw
まぁ、正直意味分らない事柄も沢山ありましたが・・・
アニメでの最後の結末は意外とあっさりしてるんだなぁっと思ったりもした。

だが、あの結末があってこその、今までのエグイ表現や感情が生きているんだと思いました。

とにかく、映画見たけどアニメもさらっと見てみたいライトユーザー専用の作品と言った所か。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1394-1a6d4f5f