コン・エアー - 羅夢の映画放浪記

コン・エアー

コン・エアー 特別版 [DVD]
評価 ★★★☆☆

妻を護るために殺人を犯したポー(ニコラス・ケイジ)は、8年の刑期を終え、愛する家族の元へ帰るべく連邦保安局の空輸機に乗ったところを、サイラス(ジョン・マルコヴィッチ)ら囚人グループたちにハイジャックされてしまう。

ポーは外部の連邦保安官ラーキン(ジョン・キューザック)の協力を得ながら、サイラスらと壮絶な闘いを繰り広げていく。

空に陸にとド派手なアクションを繰り広げていくヴァイオレンス・アクション大作で、製作は見せ場の過剰連続映画ならお任せのジェリー・ブラッカイマー。

監督のサイモン・ウエストは、これがデビュー作となった。

クライマックスなどで蛇足な部分もあるが、囚人たちひとりひとりの面構えが個性的でよく、往年のロバート・アルドリッチ監督作品を彷彿させる部分もあり。
キャストの魅力で光った佳作である。

刑期を終えて出所したキャメロンが乗り込んだ連邦保安局の空輸機がハイジャックされ…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1997年に製作された、ニコラス・ケイジ主演のサスペンスアクション。
内容は単純明快な航空ハイジャックストーリーで、アクションもさすが『ジェリー・ブラッカイマー』氏が関わっているだけあってヤリすぎだが、飽きずに見る事は出来る。

ただ、かなり強引な設定で劇場では正直見たくない。
あと、ニコラス・ケイジの長髪がどうしても気になってしまってw

まぁ、B級感漂う作品だが、TV娯楽としては楽しめる映画だと思います。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1396-31b7e557