ひとりっ娘2(ひとりっこのじじょう) - 羅夢の映画放浪記

ひとりっ娘2(ひとりっこのじじょう)

ひとりっ娘2(ひとりっこのじじょう)【字幕版】 [VHS]
評価 ★★★☆☆

実業家の父と2人で暮らす娘・アリッサ=キャラウェイと、身寄りがなく施設で暮らす少女・アマンダ。
同い年で外見がそっくりの2人は偶然の出会いで意気投合し、愛する大人たちを救うために互いが入れ替わる作戦を思い付く。

アメリカの三倉姉妹、メリー・ケイトとアシュレーのオルセン・ツインズ出演。
全くの他人同士ながら年も顔も同じアマンダとアリッサが、本当の姉妹になるまでを描く。

メリー・ケイトとアシュレーのオルセン・ツインズが大活躍するハリウッド版「ふたりっこ」。
茉奈・佳奈の三倉姉妹がアマンダとアリッサの声を担当する日本語吹替版。

双子のようにそっくりな少女たちが繰り広げる珍騒動を描くコメディ。
アリッサは、父と二人暮しの少女。
彼女は、アマンダという自分そっくりの孤児に出会う。
アマンダには母親代わりのダイアンがいたが、彼女は未婚だったため正式な母親になることができない。
それを知ったアリッサは、自分の父とダイアンをくっつけようと奔走する。
アメリカで多くのテレビに出演している人気双子子役のオルセン姉妹が主演。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1995年に製作されたヒューマンコメディ。
内容的には孤児院で暮らすやんちゃなアマンダとお嬢様育ちのアリッサの顔が双子の様にそっくりな事が原因で偶然生活が入れ代わってしまう。
これをキッカケに遊び感覚でお互いの生活を楽しむ事にする。

っという感じでストーリーが進んでいく。
その後、二人は恋のキューピットとしてもドタバタ奮闘しますw

顔がそっくりで生活を入れ替えると言う話は良くある設定。
それに、全体的の雰囲気は実にアメリカ的で強引。

しかし、2人が可愛くて、ストーリーも爽快に仕上がっているので許せてしまいますw

ちなみに、この2人どこかで見た事あるなぁっと思っていたら、フルハウスの子役で出てたね。
吹き替え版ではマナカナが担当しているそうです。
なかなかキャラにあっていて違和感なく見れます、っというか適役ですね。

最後に、残念ながらDVDにはまだなっていないので、見たい人は中古ビデオ屋かレンタル店で探してみよう。

残念ついでに、吹き替え版のビデオパッケージも載せておきます、参考までに。

ひとりっ娘2(ひとりっこのじじょう)【吹替版】 [VHS]
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1397-c777bd67