夕陽のガンマン - 羅夢の映画放浪記

夕陽のガンマン

夕陽のガンマン アルティメット・エディション [DVD]
評価 ★★★☆☆

セルジオ・レオーネ監督とクリント・イーストウッド主演で贈る マカロニ・ウェスタンの傑作。

殺人犯インディオを追って、射撃の名手で名高い賞金稼ぎのモーティマー大佐と、新顔の賞金稼ぎ"名なし"がエルパソの街にやってくる。
インディオ一味に潜入するために、同じ目的を持つ2人は手を組んで作戦を企てて、血みどろの戦いが始まる・・・。

本年度アカデミー賞監督賞受賞で話題のクリント・イーストウッドの出世作!
セルジオ・レオーネ監督作の代表作。
大河ドラマの主題曲を担当するなど、日本でもファンの多いエンニオ・モリコーネの音楽はあまりに有名。

セルジオ・レオーネ監督、クリント・イーストウッド主演のマカロニウエスタン。
殺人者を追い、射撃の名手・モーティマー大佐と、新顔の賞金稼ぎ“名なし”がエル・パソの街にやって来る。

大ヒット作『荒野の用心棒』のセルジオ・レオーネ監督が、再びクリント・イーストウッドを主演に迎えて製作した第2作だ。
前作以上のスケール観と娯楽性を兼ね備え、マカロニウエスタンの頂点に立つ傑作である。

ニューメキシコで、おたずね者を殺しては賞金を稼ぐ2人の凄腕ガンマン。
大物強盗団のボスの首にかかった多額の懸賞金を手に入れるため、彼らはだまし、だまされの熾烈な争奪戦を展開する。
若手のガンマン役にイーストウッドが、対する老かいなベテランガンマン役にリー・ヴァン・クリーフが扮し、互いに一歩も譲らぬ名演を見せる。

イタリア映画音楽界の巨匠、エンニオ・モリコーネが音楽を担当。
哀愁漂う口笛の主題歌も大ヒットした。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1965年~1966年に製作された、クリント・イーストウッドとリー・ヴァン・クリーフ共演のウエスタンストーリー。

内容的には、あるお尋ね者(殺人犯インディオ)を金の為に殺したい男(イーストウッド)と復讐の為に殺したい男(リー・ヴァン・クリーフ)が手を組むというお話。
二人とも凄腕ガンマンの賞金稼ぎで、この二人が組めば恐いもん無しの最強コンビだ。

どっしり構えるベテランガンマン(リー・ヴァン・クリーフ)に命知らずに暴れ回る若手ガンマン(イーストウッド)の凸凹コンビが絶妙に絡み合って良い作品に仕上がっています。

全体的の雰囲気はかなり渋く、西部劇の王道をいく作品なので、ウエスタン好きにはたまらない逸品だろう。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1427-4a43cb6c