長崎ぶらぶら節 - 羅夢の映画放浪記

長崎ぶらぶら節

長崎ぶらぶら節 [DVD]
評価 ★★★☆☆

男は無限の夢を見た。
女は生涯、無償の愛に生きた。
心が出逢う、人生の道行。
長崎の遊里・丸山で三味線と唄に秀でた名芸者・愛八は学者の古賀と出逢い、長崎の古い唄を探して歩く。
“至上の愛”に生きる数奇な女を吉永小百合が熱演。涙と感動の大ヒット作。

なかにし礼の直木賞受賞小説を原作に、吉永小百合と渡哲也という往年の日活コンビ共演で映画化した伝記恋愛ドラマ。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2000年に製作された長崎の芸者を題材にした作品。
実話を元に『なかにし礼』が小説にし、映画化になったそうです。

内容的には、お金に嫌気がさした風俗研究の学者、古賀と名芸者、愛八が『長崎ぶらぶら節』という唄を探しにいく人情物語。

『長崎ぶらぶら節』という唄を探しているうちに自分達の人生をも探しにいっているような、、、

とにかく、かなり渋い作品で、ビターの効いた大人味に仕上がっている。

オイラには非常に難しく、あんまし良く分らなかったが(表面上は何となく理解出来たがw)、分る人には分る面白いためになる作品なのだろう。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1432-d235cabc