釣りバカ日誌11 イレブン - 羅夢の映画放浪記

釣りバカ日誌11 イレブン

釣りバカ日誌 11 [DVD]
評価 ★★★☆☆

ご存知釣りバカ社員ハマちゃん(西田敏行)は、沖縄に転勤していった吾郎(村田雄浩)が現地で釣り三昧の日々を満喫していることを知ってやきもきしていたところ、社長のスーさん(三國連太郎)が沖縄に出張することになり、これ幸いとお供についていくのだが…。

人気コメディ映画シリーズの第13作(番外編が2作あるため)。
シリーズを多く担当した栗山富夫から、今回は若手・本木克英が監督に抜擢されており、それまでとは異なる若々しくも初々しい、それでいて『釣りバカ』ワールドのテイストはきちんと継承されているといった気持ちのいい佳作に仕上がっている。

西田・三國のいつもの掛け合いにも淀みはなく、またこの頃になると2代目みち子さんの浅田美代子も大分役が板についてきている。
ヒロイン桜井幸子も可憐であった。

ダメサラリーマン・ハマちゃんと釣り仲間で会社の社長・スーさんの名コンビがドタバタを繰り広げる人気シリーズの第11弾。
不況の煽りを受ける会社の状況を知ってか知らずか、ハマちゃんは沖縄から届いた友人の手紙を読み、沖縄行きを決意する。

ダメ社員のハマちゃんと社長のスーさんがドタバタを繰り広げる人気シリーズの第11弾。
不況で苦しむ会社の状況を知ってか知らずか、ハマちゃんは沖縄から届いた友人の手紙を読み、沖縄行きを決意する。
“釣りバカ祭り”。

三國連太郎演じる社長で釣り好きのスーさんと、西田敏行演じる釣りと妻をこよなく愛するハマちゃんが繰り広げるコメディ作品。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1999年~2000年に製作された『釣りバカ日誌』シリーズ第13作、レギュラーシリーズ11弾。
今回は沖縄でドタバタ騒動をおこすストーリー。

それとウサギを飼えなくなった女子社員の悩みをハマちゃんが聞き、飼ってくれるという吾郎(村田雄浩)を紹介するのだが、そのウサギを・・・

ちょっとシュールな展開があるが、いつも通りのほのぼのストーリーなので、気軽に楽しむべし。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1436-2213c439