ファイナル・レジェンド 呪われたソロモン - 羅夢の映画放浪記

ファイナル・レジェンド 呪われたソロモン

ファイナル・レジェンド-呪われたソロモン- デラックス版 [DVD]
評価 ★★★☆☆

命知らずの美術品泥棒ルーディは、考古学者の父から、イスラエルの教団<オーダー>の聖典である古い巻物を発見したことを告げられる。
が、その直後、父はイスラエルで消息を断つ。
後を追いルーディは聖都エルサレムの地を踏む。
父の旧友フィンリー教授もルーディを尾行する男の凶弾に倒れ、ルーディ自身にも身の危険が迫る。
謎を追いつづけるうちに、ルーディは教団の狂信的一派が企てる世界を揺るがす陰謀を知る。

“ヴァン・ダム版インディ・ジョーンズ”といった趣のアクションアドベンチャー。
美術品泥棒ルーディの父親・オスカーはイスラエル教団の聖典「オーダー」を発見した後、失踪。
ルーディは父を追ってイスラエルに赴くが、巨大な陰謀が渦巻いていた。

ロシア・マフィアから美術品を盗む命知らずの美術品泥棒が、謎の教団「オーダー」に挑む姿を描いた作品。
出演はジャン=クロード・ヴァン・ダム、チャールトン・ヘストンほか。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2001年に製作された、ジャン=クロード・ヴァン・ダムのアクション作品。

前半はちゃんとした設定のストーリーなのだが、後半急にコミカル調になってしまい、後半と前半ではまるで違う監督が撮ったみたいにガラっと変わりますw

内容的には逃亡劇とアクション重視でストーリーはぬるい。

とにかく、インディ・ジョーンズに激似ですw

最初の件では良いツカミだったのに、後半のオチにかけてB級に染まっていく。。。

中途半端なコミカルでしょっぱい作品だが、ヴァン・ダムアクションは健在ですw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1462-43b34292