てるてるあした - 羅夢の映画放浪記

てるてるあした

てるてるあした DVD-BOX
評価 ★★★☆☆

2006年4月~6月、テレビ朝日系で放映された、黒川智花・木村多江主演のファンタジックなミステリードラマ。
原作は、加納朋子による同名の小説と、同著者の作品『ささらさや』。
不思議なことが次々と起こる町・佐々良を舞台に繰り広げられる、さまざまな人間模様と、交錯する人々の思い。
ときに物悲しく、少し恐ろしく、せつなくもあるエピソードの数々はどれも忘れがたく心に残る。
キャストも秀逸で、みずみずしく成長していく照代(黒川智花)の姿は、回を追うごとにまぶしく輝いていく。
また、サヤ(木村)の優しく芯の強い姿にも、大いに胸を打たれる。
それぞれに魅力的な女性が登場し、全編を包むやわらかな印象も好もしい。
――裕福な暮らしをしていた少女・照代(黒川)は、家の事情で突然夜逃げすることになり…!?

黒川智花、木村多江の共演で人気を博した金曜ナイトドラマのBOX。
不思議なことが起こる町・佐々良を舞台に、親子愛や夫婦愛、そして主人公の少女の成長の様子を、ファンタジーやホラーの要素を織り交ぜながら丁寧に描く。
全11話を収録。
5枚組。

【第1巻】
裕福な家庭に生まれ育った高校2年生の照代。
しかし両親が1億円の借金を背負ってしまい、遠縁の親戚・久代が営む下宿・笹乃館に身を寄せることになる。
第1話から第3話までを収録。

【第2巻】
照代は久代に紹介された佐々良市場で働き始める。
更にスナック勤務を辞めて不動産屋の電話番を始めた未亡人・サヤのため、彼女の息子の面倒まで見るハメに…。
第4話と第5話を収録。

【第3巻】
久代が倒れて病院に運ばれた。
サヤは久代の息子に見舞いに来るよう促すが、来られないとの返答ばかり。
一方、照代は久代の着替えを取りに彼女の部屋を訪れ…。
第6話と第7話を収録。

【第4巻】
照代は新たにラーメン店でのバイトを開始。
すると彼女に、新聞記者を名乗る伊勢崎という男が近づいてきた。
彼は自分を人の心が読める“テレパス”だと言うが…。
第8話と第9話を収録。

【第5巻】
久代が再び倒れ、久代本人から「先が長くない」と告白された照代は大きなショックを受ける。
久代の病状を知るサヤは、照代の気持ちを静めようと…。
第10話と最終第11話を収録。

 1話 『性悪娘と未亡人!!』
 2話 『照代、時をかける』
 3話 『恋する超能力少女』
 4話 『歌うゾンビ自転車』
 5話 『東京の夜・ふたり』
 6話 『一人ぼっちの少女』
 7話 『父帰る』
 8話 『ささらさや』
 9話 『母のテーマソング』
10話 『遺言』
最終話 『あしたはわらう』

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

このドラマは2006年4月14日~6月23日までテレビ朝日で放映された金曜ナイトドラマ。

この作品も『モヤモヤさまぁ~ず2』の前に時間潰しに流し見した作品。

内容的には、幽霊と出会ったり、毎回謎の携帯メール文章で励まされたり、色々不思議な出来事が周りで起こったりする、ほのぼのミステリーファンタジーで、主人公の心の成長も描いている青春ドラマでもある。

最初は何が起こるんだろう?っと楽しみに見ていたが、徐々に飽きてきてしまって、、、この独特のほのぼの感が好きな人にはたまらないのだろうなぁ・・・

まぁ、機会があったらもう一回真剣に見直してもイイかなぁっと思ってたりもするw
コメント
非公開コメント

こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

2009-10-07 11:44 | from 藍色

藍色さん、はじめまして。

トラックバックありがとうございます。

また、関連記事がありましたらお気軽にどうぞ。

2009-10-08 00:26 | from ラム | Edit

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1471-dbf814f2

てるてるあした 加納朋子

親の夜逃げのために高校進学を諦めた照代。 そんな彼女の元に差出人不明のメールが届き、女の子の幽霊が現れる。 親戚の久代さん宅へ身を...

2009-10-07 10:42 | from 粋な提案