Mr.インクレディブル - 羅夢の映画放浪記

Mr.インクレディブル

Mr.インクレディブル [DVD]
評価 ★★★☆☆

かつてスーパー・ヒーローが活躍していた時代があった。
しかし、彼らのパワーは時に破壊をまねくこともしばしで、やがてその活動を禁止された。
それから15年、今はしがない保険会社の一社員として働く鬱屈した日々の中、けなげに妻子(彼女らもまたスーパー・ヒーロー)を養うボブのもとにスーパー・ヒーローとしての仕事が密かに舞い込んだ…。

元スーパー・ヒーローの活躍を通して家族のきずなをコミカルに温かく描いた、ディズニー/ピクサーならではのフルCGアニメ。
ダイナミックかつユーモラスなアクションシーンの連続が実に楽しく、またその見せ方や乗せ方の上手さは神業的。
スーパー家族それぞれの個性も多分に生かされており、特に伸縮自在に身体を動かす妻ヘレンの活躍ぶりは完全に亭主を凌駕しており、まさに「母は強し」を痛感させる素晴らしさ。
アイデア、センス、技術、そして演出とすべての要素がエンターテインメントとして見事に機能しえている快作中の快作。
必見。

アカデミー賞2部門を受賞したピクサーの長編アニメ。
元スーパーヒーロー“Mr.インクレディブル”が謎の陰謀に再び立ち向かう。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

このアニメは2004年に製作された、ピクサーの長編アニメーション第6作目。

全体的には家族の絆や愛を描いているのだが、スーパーヒーロー禁止令というシュールなネタに加え、アメリカのリアルな保険制度の実体なんかを皮肉ってたり、なんでも訴える人々のおかしな裁判制度、兵器社会等をアニメにのせて風刺している作品でもある。

んで、なんだかんだで結構面白く仕上がっていて、個人的には2を見てみたいなぁっと思った。

まぁ、純粋なヒーローネタではなく、小ネタ中心の作品だから、続編はネタ切れの可能性があるので、これで完結した方がいいかもしれないがw
コメント
非公開コメント

我が家にDVDあるよ~。

日本語吹き替え、シンドロームを宮迫がやっているのが結構好き(*´ェ`*)

2009-05-28 12:53 | from きほっち

この作品は、爽快ヒーローものではなく、社会風刺の小さなコネタが面白かったw

2009-06-01 00:03 | from ラム | Edit

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1477-625a1a40