ダウンタウン - 羅夢の映画放浪記

ダウンタウン

ダウンタウン [DVD]
評価 ★★★☆☆

フィラデルフィアのダウンタウンにある分署に、白人刑事(エドワーズ)が配属されてきた。
署に入ってみれば、いきなり中はワル共と交戦状態。
驚く彼に、こんな署には向かねえよ、と黒人刑事(ウィテカー)。
反目しあいながら、やがて二人はかけがえのない相棒になるバディ・ムービーの典型。
プロデュースは、男勝りのゲイル・アン・ハード。

フィラデルフィアのダウンタウンを舞台に、『ターミネーター』シリーズの大物プロデューサーが放つ、痛快ポリス・アクション!

ここは平和なフィラデルフィアのアップタウン。
新米警官アレックスは、真面目な性分から町の権力者スイートを検挙してしまい、犯罪最前線のダウンタウンに飛ばされるハメになる。
麻薬、窃盗、殺人なんて当たり前、管轄署内での挨拶はド派手な銃撃戦という有様。
そんなところで山の手育ちのヒヨッ子刑事がまともに勤まるはずもなくドジばかり。
だが親友が殺害されたのを機に、ドジながら勇猛果敢な熱血刑事に変身。
事件の裏に渦巻く麻薬組織の陰謀を暴くべく、根性だけの素人デカと経験豊富なプロ刑事のチグハグコンビによる暴走捜査が始まった!

『ターミネーター』シリーズ、『エイリアン2』『アルマゲドン』など数々の大ヒットを生み出した大物女性プロデューサー、ゲイル・アン・ハードが、『花嫁はエイリアン』のリチャード・ベンジャミン監督と組み、痛快で人間味あるアクション・コメディを生み出した!

新米警官アレックスを演じるのは『トップガン』、TVシリーズ『ER緊急救命室』でも活躍するアンソニー・エドワーズ。
そしてコンビを組む相棒の黒人刑事デニスを演じるのは『スピシーズ/種の起源』『フェノミナン』でも好演し、監督業もこなす多才ぶりを発揮したフォレスト・ウィテカー。
2人のバツグンに息の合った演技は必見。

音楽は『バック・トゥー・ザ・フューチャー』や『アビス』のアラン・シルベストリが担当し、ビーチボーイズからラップまでノリの良いヒット・ナンバーが挿入され、アクション映画をさらに盛り上げる。

劇場未公開作品ながらも、各誌・各映画祭などで高い評価を受けた傑作!

ダウンタウンを舞台に展開するポリスアクション。
新米刑事とベテラン刑事のちぐはぐなコンビがドタバタを繰り広げる。
『ER緊急救命室』のアンソニー・エドワーズ主演。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1990年に製作された、ちょっとぬけている正義感あふれる刑事達のコミカル作品。

白人のエリート坊ちゃん警官と黒人のスラム街のタフ刑事のデコボココンビ、ストーリーは単純明快で分かりやすくストレートな作品。

ちょっと強引な所やヌルイ所も多々あるんだが、嫌いじゃないw

気軽に見れる作品なので機会があったらどうぞ。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1485-090d2468