シザーハンズ - 羅夢の映画放浪記

シザーハンズ

シザーハンズ<製作15周年 アニバーサリー・エディション> [DVD]
評価 ★★★☆☆

ジョニー・デップ、そしてシザーハンズを心から愛するファンへ贈る愛蔵版アニバーサリーDVD。

丘の上の広い屋敷に年老いた発明家が住んでいた。
彼はたった一人で人造人間エドワードを作っていたが、完成間近に急死。
エドワードはハサミの手のまま取り残されてしまった。
化粧品のセールスで屋敷を訪れたペグは気の毒に思い彼を家に連れて帰る。
エドワードはそこでペグの娘キムに恋してしまうが……。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』で話題沸騰のジョニー・デップの代表作。
『チャーリーとチョコレート工場』を大ヒットさせたジョニー・デップ×ティム・バートンのコンビの原点ともいえる作品。
ダンス界の鬼才マシュー・ボーンが手がける傑作ミュージカル「シザーハンズ」が8月日本公演。

エドワードは人造人間。
だが、完成直前に博士が急死し、両手がハサミのままこの世に残された。
心やさしい化粧品セールスウーマン、ペグに引き取られたエドワードは、ペグの娘キムに恋してしまう…。

鬼才ティム・バートン監督の描くラブファンタジー。
純真無垢な心をもつエドワードはキムに恋をするが、哀しいかなハサミの手をした彼は、永遠に彼女を抱くことができない。
そんなおかしく哀しく美しいラブストーリーを、詩的で夢幻的なタッチで描いた傑作。
主演はジョニー・デップとウィノナ・ライダー。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1990年に製作されたSFファンタジー。

人造人間という、非現実的な設定なのだが、現実と上手く融合させているストーリーが魅力的な作品で、善と悪をハッキリさせない世界観をリアルに表現している作品でもある。

この世の中は、純粋すぎたり正直者すぎたりすると、生きて行けないのだろうかっと思ってしまう程、世の中は滑稽に見える。

有名な時にはチヤホヤし、ちょっと疑惑が湧くと離れていく、主人公の残酷な運命より、民衆の心理の方が酷く見えた。

シュールな中、恋愛も見所の一つ。

ちょいグロい世界観だが色々考えさせられる映画でした。
コメント
非公開コメント

映画同好会(名前検討中

かなしい ラブストーリーですね。触るもの 傷つける かなしい男の愛。恋愛研究会(名前検討中

2011-02-11 21:31 | from 雪女&村石太星人 | Edit

雪女&村石太星人さん、こんにちは。

人間も、こういう爪はないものの、もしかしたら、知らず知らずのうちに、触るもの全て傷つけてしまっているのでは?

変わった人達を偏見の目で見てしまっているのでは?

そう感じてしまう映画でもあった。

2011-02-20 15:18 | from ラム | Edit

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1493-7f122f25