セイヴィア - 羅夢の映画放浪記

セイヴィア

セイヴィア [DVD]
評価 ★★★☆☆

『エニイ・ギブン・サンデー』のデニス・クエイド、『ザ・ブロンド』のナスターシャ・キンスキー出演による戦争アクション。
戦場で生まれた赤ん坊を守る男の姿を描く。

妻子をテロに殺され外人部隊に入った男の目をとおして戦争の真実を見つめたドラマ。
デニス・クエイド、ナスターシャ・キンスキーほか出演。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1998年に製作された、民族抗争を題材に戦争の酷さを描いている物語。

クロアチア、セルビア、ムスリムの内紛ですね・・・

物語的に紛争の時代背景を理解してないと分りづらい内容だけど、戦争のせいで色々なものが犠牲になっているなぁっと。。。

これは、非現実的な物語ではなく、現状でおこってる戦争という名の殺し合い。
今でも悲惨な殺し合いが続いていると思うと胸が痛む。

そんな戦争という人間を人間として扱わず、というか優しさを見せたら殺される異常の中、人としての心をかろうじて持っている人が描かれているのが唯一の救い。

30~40分くらいのショートムービーかと思うくらい短く感じましたが、深い内容となっているので興味があったらどうぞ。

ちなみに、戦争映画はなにかしらの偏りがあるので、そこらへんを十分理解してみた方がいいかもしれません。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1502-ab2c2e14