天国の本屋 恋火 - 羅夢の映画放浪記

天国の本屋 恋火

天国の本屋 ~恋火 [DVD]
評価 ★★★☆☆

ロングセラーとなった書籍「天国の本屋」シリーズの第1部と第3部を1本の映画にまとめた作品。
生きているのに天国の本屋にスカウトされたピアニストの健太と、伝説の“恋する花火”を復活させようと奔走する香夏子。
天国と地上で、失われたひとつの恋を追いかけるふたりの物語。

行動的な女性・香夏子と、死んでしまった彼女の叔母・翔子の二役に竹内結子がチャレンジ。
特に前者は彼女が得意とする“チャーミングな猪突猛進娘”を、例によってアクティヴに好演。
かつて翔子の恋人だった花火職人・瀧本に扮した香川照之が、わずかな出番ながら木訥たる存在感を見せており、そのラストカットは感涙もの。
今ひとつ話の焦点が絞り切れていないきらいはあるものの、篠原哲雄監督は誠実な演出で、この不思議なラブトーリーに涼やかな読後感を与えることに成功している。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2004年に製作されたロマンティックファンタジー。

天国で繰り広げられる、ちょっとかわった設定のヒューマンラブストーリー。
全体的な雰囲気は綺麗な作品で、胸にグッと込み上げてくる感動シーンが多々ある素晴らしい作品だ。

しかし、天国で生きる細かい生活ルールが雑というか説明不足というか詰めが甘いというか・・・とにかく分りづらいw

例えば、食事の時はお金いらないっというか天国にはお金を払う必要がないっと言っていたのに花火職人にはお金払わないといけないし。

もしかしたら、花火職人の設定は現在?
だとすると、あの世と現在を交差させる編集があまりにもあっさりすぎて分りづらすぎる。

それに、天国での記憶がないはずなのに、最後ちょっと覚えてる風味かもしだしてるし、クライマックスで演出している土手にピアノシーン、あれは現実なの?あの世とリンクして投影されてるの?

なんか、そんな細かい設定がいちいち残念なので、いまいち感動出来なかったなぁっとw

細かい設定は本読んで補ってから見た方が楽しめるのかもしれない。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1532-ae56aade