大阪府警潜入捜査官 - 羅夢の映画放浪記

大阪府警潜入捜査官

大阪府警潜入捜査官 [DVD]
評価 ★★★☆☆

「難波金融伝 ミナミの帝王」シリーズの萩庭貞明監督が手掛けたアクションドラマ。
大阪府警の刑事・杉崎は、警察本部長の上原から刑事であることを隠して巨大ヤクザ組織に潜入し、その「麻薬ルート」を探り出せという特命指令を受けるが…。

人気シリーズ「ミナミの帝王」の萩庭貞明監督作。
刺青を彫れ巨大ヤクザ組織に潜入した刑事が、麻薬ルートを探り組織を壊滅に追い込んでいく、監督の長年の取材活動で得られた実話に基づくノンフィクションを超えたフィクション!

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2007年に製作された潜入捜査官を題材にした日本の映画。

Vシネマ系の独特の雰囲気の作品かなぁっと思っていたのだが、意外とストーリーはしっかりしており、細かい設定もリアルに違和感なく表現出来ていた。

まぁ、突き詰めればツッコミ所満載だけどw

しかし、実話っぽい雰囲気は結構よかったなぁ。。。
って、これ実話を元に作られたのかw

え?
そもそも、日本って潜入捜査官という部署は存在するのか?

色々疑問は残るものの、ありそでなさそでありそな面白い作品なので興味があったらどうぞ。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1535-179377dd