阿修羅城の瞳 - 羅夢の映画放浪記

阿修羅城の瞳

阿修羅城の瞳 [DVD]
評価 ★★★☆☆

人の世を滅ぼそうとする鬼たちと、鬼を祓う外は“鬼御門”が激しい戦いをくり広げていた文化文政期の江戸の町。
“鬼御門”の副長だった病葉出門は、とある事件をキッカケに“鬼御門”をやめ、舞台役者へと転身を。
だがそんな彼が恋したつばきという女盗賊はなんと、恋をすると鬼に変身してしまう、哀しい宿命を背負った女性だったのだ……。

劇団☆新感線の大人気舞台を映画化したもの。
さすが映画らしく最新のVFXなどを駆使して、アッシャーの絵のような不思議空間での鬼との殺陣など見どころ満載。
市川染五郎の時に歌舞伎調になりすぎる台詞回しは気になったりもするが、後半はケレン味が増す映像と重なって、その台詞回しが心地よく感じたりもするから面白い。
『カウボーイ・ビバップ』で有名な管野よう子の音楽も映画を盛り上げる。

劇団☆新感線の中島かずき原作による人気舞台を、歌舞伎俳優・市川染五郎と宮沢りえを主演に迎えて映画化した時代劇エンタテインメント。
文化文政の江戸の町を舞台に、鬼の王・阿修羅になる宿命の女と元腕利きの鬼祓いの男の許されぬ恋を描く。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2005年に製作されたちょっと変わった時代劇アクション作。
鬼対人の終りなき戦いに加え、悲しい恋愛がスパイスの仁侠劇。

内容的には、しょっぱなからしょぼい鬼(屋上ショーの怪人みたいなの)が出てきたので、この先思い遣られるなぁっとがっかりしていたのだが、だんだん世界観が体に馴染んでいく、染み込んでいく、そんな不思議な感覚の作品でしたw

得に、くさすぎるぐらいの歌舞伎演技とのコラボもなかなか良い仕上がりになっている。

ゲーム感覚で見ればそれなりに楽しめる作品でした。

まぁ、若干ゲームの『鬼武者』が何度も頭をよぎりましたがw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1540-5d17e605