ワイルド・エンジェル - 羅夢の映画放浪記

ワイルド・エンジェル

ワイルド・エンジェル [DVD]
評価 ★★★☆☆

派手なアクションと女優陣のキュートな魅力で話題を集めた『チャーリーズ・エンジェル』のドイツ版とも言うべき作品。
戦車やモーターボートなど、本家顔負けの迫力シーン満載。
大爆発のオープニングから衝撃のラストまで、息もつかせぬ展開が見もの。

3人の美女が力を合わせ巨大な権力に立ち向かっていく様子を描いたアクション映画。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2002年に製作された、女性3人が主人公のアクション作品。

物語の出だしのインパクトは非常に弱く、つまらないという危険な匂いがプンプン漂っていたのだが、ストーリーが進むにつれ、ジワジワ面白くなっていく。

しかし、作品自体、丸々一本贅沢にキャラの掴みだけで使っているので、続編の方が面白そうだなぁっと思ってしまう作品でもある。

まぁ、全体的の雰囲気はドイツ版『チャーリーズ・エンジェル』っと言った所か。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1558-cfeaec08