イントゥ・ザ・サン - 羅夢の映画放浪記

イントゥ・ザ・サン

イントゥ・ザ・サン [DVD]
評価 ★★★☆☆

「こいつら、どっから斬っても、極太なり。」
「アイ・ラブ・ジャパン。できれば、戦いたくなかった。」
東京を舞台に繰り広げられる新興ヤクザvsチャイニーズ・マフィアvs米国中央情報局vs旧任侠勢力vsスティーヴン・セガールの抗争!
最後に生き残る「極太」は、どいつだ!

スティーヴン・セガール、大沢たかおら日米の豪華キャストが顔を揃えたハリウッド製任侠アクション。
都知事候補が何者かに射殺される。
テロの可能性を追究するCIAは伝説のエージェント・トラビスを派遣する。
R-15作品。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2005年に製作された、『スティーヴン・セガール』と日本のコラボ作品。

合気道と日本刀アクションはかなり見所があったが、『スティーヴン・セガール』の日本語でちょっと雰囲気が一気に崩れるw

違和感と言うかなんと言うか・・・英語で喋って日本語でかえしたりする、、、そんな部分もツッコミ所だw

まぁ、久しぶりに鋭い合気アクションが見れてオイラは満足しました。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1576-7573382d