ジョニー・イングリッシュ - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョニー・イングリッシュ

ジョニー・イングリッシュ [DVD]
評価 ★★★☆☆

英国秘密諜報局の準スパイであるジョニー・イングリッシュは、直感だけが頼りのマヌケなスパイ。
彼は奪われた女王の戴冠用の宝玉を取り戻すべく動きだすが、あちこちで迷惑この上ない大騒動を巻き起こす。

『ミスター・ビーン』のローワン・アトキンソンが、ビーンのキャラそのまま、やることなすことすべて裏目に出てしまうマヌケなスパイを熱演。
「裸の銃を持つ男」シリーズを彷彿させる細かいギャグがイキイキと描かれた爆笑コメディだ。
特筆は演技派のジョン・マルコビッチの出演。
彼がジョニー・イングリッシュの宿敵となる大実業家を嬉々として怪演しているのは興味深い。
監督はチャーミングなラブストーリー『スライディング・ドア』のピーター・ハウイット。
アトキンソンの魅力を最大限に引き出し、テンポよくまとめている。

“ミスター・ビーン”こと、R・アトキンソン、ポップ歌手、ナタリー・インブルーリア共演によるスパイコメディ。
英国秘密諜報局のスパイに任命され、盗まれた英国王室の戴冠用宝玉の奪還に挑んでいくジョニー・イングリッシュの迷活躍を振りを描く。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2003年に制作された『ローワン・アトキンソン』主演のコメディ作品。
『007』をパロっているストーリーで、『ミスター・ビーン』ばりのおバカな主人公が見れますよw

オイラ的には『ローワン・アトキンソン』の作品ってちょっと苦手。
だけど、今回のはやる時はやる真剣モードがあり、締まりがあるので見やすくはなっています。

まぁ、『ローワン・アトキンソン』好きにはたまらない逸品ですね。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1589-31460c28

『ジョニー・イングリッシュ』(2003)

何故か今頃になって続編が作られ、もうじき日本でも公開されるというのでDVDを引っ張り出してきました。 派手さはないんですが、なかなか面白いんです、これ。 公開当時の感想を、「しねま宝島」から引っ張って来ると―― 「007」好きの私としては予告編見ただけ...

2012-01-07 08:05 | from 【徒然なるままに・・・】

ジョニー・イングリッシュ

2003年 イギリス作品 87分 UIP配給原題:JOHNNY ENGLISHSTAFF監督:ピーター・ハウイット脚本:ウィリアム・デイヴィス ニール・パーヴィス ロバート・ウェイドCASTローワン・アトキンソン 

2012-04-29 20:25 | from pure\'s movie review

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。