パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト - 羅夢の映画放浪記

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト [DVD]
評価 ★★★☆☆

海賊(ジャック)を、つかまえろ。
『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(1-Disc)
世界中で旋風を巻き起こし、ハリウッドNo.1ヒットメーカー、ジェリー・ブラッカイマーが手掛けた作品の中で、最高のヒットを記録した『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ。
注目の3人のキャスト、ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイの代表作ともなりました。
第2弾の本作『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』は、2006年にDVD化されてから快進撃を続け、昨年末にシリーズ完結編『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』DVDの発売を機に、更に数々の記録を塗り替えた大ヒット作品です。

前作で、不死の海賊バルボッサからブラックパール号を奪い返した孤高の海賊=ジャック・スパロウ。
自由な大海原に船出したはずの彼の前に、逃れられない宿命が立ちはだかる。
それは、今から13年前のこと― ジャックはブラックパール号の船長となるため、自らの魂と引きかえに、船乗りたちが最も恐れる[深海の悪霊]デイヴィ・ジョーンズと[血の契約]を交わした。
そして今、その“契約期間”は終わり、ジャックの魂を取り立てるため、巨大な闇の力が海底をうごめいていたのだ。
“悪魔の裏もかくことのできる男”といわれたジャック・スパロウだが、今度こそ彼の命運は尽きようとしていた。
その頃、海賊の血をひく青年ウィルと、その恋人で総督の令嬢エリザベスにも危機が訪れていた。
待ちに待った結婚式の当日、二人はかつてジャックの逃亡を助けた罪で逮捕されたのだ。
釈放の条件は、ジャックが持つ[北を指さない羅針盤]を手に入れること・・・。
抗うことのできない力に操られて、ジャック、ウィル、エリザベスの運命は再び交差する。
その時、カリブの海に封印された、恐るべき秘密が蘇ろうとしていた―!!

謎とロマンに満ちたカリブ海を舞台に、前作「呪われた海賊たち」を遥かに凌ぐ空前のスケールで贈る驚愕のアクション・アドベンチャー!今作では、船乗りなら誰もが恐れる“深海の悪霊”が登場。
かつてジャック・スパロウは自由のために、ブラックパール号の船長として13年間を過ごした後“深海の悪霊”の幽霊船フライング・ダッチマン号で永遠の労役に服するという“血の契約”を交わした。そして約束の年、使者がやってくる…。

ジョニー・デップがオスカー候補にもなったジャック・スパロウ船長を怪演する、冒険アクションのシリーズ第2弾。
今回は、悪運の強いジャックにも命の危機が訪れる。
かつてブラックパール号を手に入れたとき、彼はデイヴィ・ジョーンズ船長に身を捧げる契約を交わしていたのだ。
ついに、その期限が訪れる。
第1作目の後日談になっており、メインキャストの演技も快調。
最初の登場シーンから、人喰い族に追われるアクションまで、ジョニーが笑わせまくる。

最大の見せ場は、ジョーンズ船長の容姿と、彼が操る巨大ダコ「クラーケン」だろう。
口から生えたヒゲがタコの触手のようにウネウネと動く船長は、観ているだけで不気味。
VFXが駆使されたクラーケンの襲撃では、ダイナミズムとともに、「怪獣」という響きが似合う懐かしさも感じさせてくれる。
この続編で新鮮なのは、後半、ジャックに人間くささが浮かんでいく点か。
ウィルとエリザベスの恋人カップルを交えた微妙な関係や、海賊としてのプライドをみせる場面は、1作目にはなかったカッコよさがにじみ出ている。
ジョニーの余裕と遊び心、俳優としてのオーラのブレンドに感心しつつ、驚きのラストがどうパート3に続くのか楽しみでならない。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2006年に製作された『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第2作目。
見所は『ドタバタ劇』だが、その『ドタバタ劇』で好き嫌いが別れそうな作品でもある。

内容的には、確実に前回よりもスケールアップしているし、ジャックの過去の秘密の契約などのエピソードも見る事が出来ます。

それにしても、作品ごとに全然違うキャラになれる『ジョニー・デップ』って凄いよねw

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1590-9b9732a5