十戒 - 羅夢の映画放浪記

十戒

十戒 [DVD]
評価 ★★★☆☆

名匠セシル・B・デミル監督が、かつてサイレント映画時代に演出した旧約聖書劇『十誠』を巨額の製作費でリメイクしたスペクタクル史劇の超大作。
今からおよそ3000年前のエジプト。
ナイル川で拾われ、エジプト国王の王子として育てられたモーゼ(チャールトン・ヘストン)は、王の実子ラメシス(ユル・ブリンナー)の罠にはまり、砂漠に追放。
しかし、やがて彼は神の啓示を受けて奴隷解放を決意し、彼らを連れてエジプト脱出を企てる。

製作準備に10年を費やしたというだけあって、作り手の神への想いが熱意となって、スケール豊かな映像娯楽芸術として見事定着。
特に紅海が真っ二つに割れ、海底に道ができるクライマックスの特撮シーンは今なお語り草になっている。
アカデミー賞特殊効果賞受賞。

『ベン・ハー』のチャールトン・ヘストン、『王様と私』のユル・ブリナー共演によるスペクタクル史劇。
旧約聖書の‘エジプト記’に描かれた、聖者モーゼの物語。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1957年に製作された、旧約聖書を元に作られた歴史映画。
モーセが過酷労働をさせられているユダヤ人達と一緒にエジプトから脱出するというストーリー。

後半かなり宗教色が強くなり、ファンタジーチックにもなるw

神の言っている事も分らなくはないが、究極、私の神に従わないのなら地獄に落とすぞっていう結論になってるような・・・
こういう押し付けがましい教えが戦争を引き起こすのだろうか。。。

そういえば近年、奴隷制度や無理矢理ピラミッドを作らせていたという説はなかったという研究結果が出始めていますのぉ。

となると、この物語自体根本的に覆ってしまいますな。

まぁ、興味があるないは別にして一度見る事をオススメします。
ただし、232分と長丁場になるので覚悟は必要ですがw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1600-b6b40014