若草物語 - 羅夢の映画放浪記

若草物語

若草物語 [DVD]
評価 ★★★☆☆

エリザベス・テーラー主演。
世界中で愛された名作が遂に登場!

19世紀中盤。
アメリカ東北部の町コンコードに住むマーチ家では、南北戦争出征のため留守中の父親に代わって、気丈な母と4姉妹が家を守っていた。
活発で進歩的な考えを持つジョーを中心とした個性豊かな4人は、互いに影響を受け合い、身も心も美しく成長していく…。

アメリカの生んだ作家ルイザ・メイ・オルコットの半自伝的小説『若草物語』の映画化作品。
これまで何度となく試みられた映像化の中でも本作品は、ジョージ・キューカー監督、キャサリン・ヘップバーン主演の1933年版と並び賞させる傑作。
天才子役マーガレット・オブライエンの演技力と、エリザベス・テーラーの初々しい美しさは、今なお色褪せることはない。

ルイザ・メイ・オルコットの自伝的要素を持つ不朽の名作小説、その二度目の映画化作品。
南北戦争時代のマサチューセッツ州コンコードの町に住むメグ(ジャネット・リー)、ジョー(ジューン・アリソン)、エイミー(エリザベス・テイラー)、ベス(マーガレット・オブライエン)の四姉妹の成長や生と死、そしてそれぞれの愛の日々を、名匠マービン・ルロイ監督が端正なタッチで描いていく。

幾度となく映像化された中で、本作品は初映画化1933年版に次ぐ秀作であり、また戦後ハリウッド黄金時代の総天然色映画といった華やかな要素や、当時の若手スターのきらびやかな魅力などもあいまって、もっともゴージャスな『若草物語』たりえている。
アカデミー賞では美術監督および装置賞を受賞。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1949年に制作されたヒューマンドラマ。

貧乏でも明るくて元気な4姉妹の、喜怒哀楽と恋愛の成長物語。

彼女達を通じて母の愛や、本当の幸せの意味をもう一度考えされられる深い映画です。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1602-0dfde5dd