女帝キャサリン - 羅夢の映画放浪記

女帝キャサリン

女帝キャサリン [DVD]
評価 ★★★☆☆

大ヒット作『エントラップメント』のキャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演によるエロチック・サスペンス。
18世紀のロシアを舞台に、愛欲渦巻く女たちの闘いを描く。

ロシア皇帝に嫁いだ少女の波瀾に満ちた半生を描いた衝撃のサスペンス。
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ジャンヌ・ボローほか出演。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1995年~1997年頃?に制作(調べてみたら両方の年号があったw)されたサスペンス作。

内容的には、全然馴染みのないこむずかしい物語なので、取っ付きにくく分りにくい。

簡単に言えば、政治と愛は成立しない悲しい恋愛物語と言った所か。

分る人には面白い作品なのだろうが、オイラには難しすぎましたw
女性うけしそうな映画なので興味があったらどうぞ。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1622-35dda9c6