東京DOGSについて - 羅夢の映画放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京DOGSについて

新しい刑事ドラマ、東京ドッグスが始まって3回目。

ストーリーの軸はしっかりしていて、次どうなるのか楽しみになる展開が見所だ。

しかし、一つだけ問題点がある。

それは、水嶋ヒロ演じる工藤マルオが浮いてしまっているという点だ。
浮いてしまってると言うか合ってないと言うか。。。

せっかく冷血で異様に見える高倉奏(小栗旬)の滑稽なキャラが弱まってしまっている。

水嶋ヒロの演技が下手とか演技過剰とかどうこうという訳ではないが、正直キャラがブレてるよね。
ってかキャラを掴めていないのかな?

正義感は強いが総長でチャラい・・・総長でチャラいってw
んで優柔不断で頭が悪いのはまぁいいが、水嶋ヒロ演じる工藤マルオのキャラが愛くるしいというより、正直イラつかせる雰囲気をもってしまっている。

女性はかっこいいというだけで評価出来るからいいけど、このキャラの言動で、次回見るのやめようかなっと思うくらい『まるお』というキャラはブレブレだと思います。

どうにかしてほしいと思うが、もうどうにもならんよねw
3回目でさすがにキャラ定着すると思ったけど相変わらずイライラするし、、、結構期待していたドラマなんだけどなぁ。。。

まぁ、医療ドラマ『JIN -仁-』は結構良い感じに仕上がっていたので、こっちの展開に期待する事にしよう。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1631-7ce2411f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。