ミッションインポッシブル3 - 羅夢の映画放浪記

ミッションインポッシブル3

M:i-3 ミッション:インポッシブル3 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
評価 ★★★☆☆

『M:I』シリーズ最強の進化を遂げた、最高にして最強のアクション超大作!!
"最高傑作"にふさわしい『2時間を越える豪華映像特典』を納めた、豪華2枚組のスペシャル・コレクターズ・エディションで登場!!
「1」の緊迫感と「2」のアクションを超越した、これぞ究極のスパイ・アクション・サスペンスだ!!

世界的な人気を誇るトム・クルーズが、IMFスーパーエージェント=イーサン・ハントを再び熱演し、決死のノースタント・アクションに挑む!
敵役は、『カポーティ』で2006年度アカデミー賞主演男優賞を受賞したフィリップ・シーモア・ホフマン。
イーサン・ハントの婚約者には『Mr.&Mrs.スミス』『スタンドアップ』のミシェル・モナハン。
IMFメンバーには、『マトリックス』シリーズのローレンス・フィッシュバーン、『ミッション:インポッシブル』シリーズのヴィング・レイムス、『マッチポイント』『アレキサンダー』のジョナサン・リス=マイヤーズ、『ラッシュアワー2』のマギー・Qなど、多彩な顔ぶれが大集結!
監督は、『LOST』『エイリアス』の天才クリエイターのJ.J.エイブラムス。映画監督初挑戦ながら、見事な手腕を発揮している!

第一線からしりぞき、諜報機関IMFの教官になったイーサン・ハント。
だが、教え子のピンチをきっかけに、彼は現役復帰を決意する。
強大な敵オーウェンが狙う"ラビットフット"の正体を探るIMFのメンバーたち。
しかし、イーサンの婚約者ジュリアが誘拐されてしまい…。

トム・クルーズの当たり役、諜報組織「IMF」のエージェント、イーサン・ハントが活躍するシリーズ第3弾。
スパイの裏技を楽しめた1作目、アクションで圧倒した2作目という前作両方の長所を活かし、総合的にシリーズで最もおもしろい仕上がりになっている。
現役を退き、教官となっていたイーサンだが、教え子が捕らわれたことでミッションに参加。
救出に失敗した彼は敵のボスをつかまえるが、逆に自分の愛する者を人質にとられるきっかけを作ってしまう。

ドイツ、イタリア、中国、アメリカと、4か国でのロケによってスケール感が出たのはもちろん、トムが自ら過激なスタントに挑むことで本物の迫力を伝えることに成功。
スター俳優としてのオーラはビンビン放たれている。
全編、アクション場面がびっしりだが、合間でスパイの裏テクニックを紹介するシーンが楽しい。
とくに相手の顔を撮影し、そのデータから瞬時にマスクを作る過程が見どころだ。
卑劣な強敵を演じるのは、オスカー俳優のフィリップ・シーモア・ホフマンで、外見からは想像できない巨悪を実感させるのは、さすが。
よくよく考えるとツッコミどころも多い展開だが、強引にねじふせるハイテンションに、ひたすら乗ってしまう。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2006年に製作された『ミッションインポッシブル』シリーズ第3弾。

結構シンプルに仕上がっていて、最後どんでん返しサプライズも言い感じ。

だが、だんだん主人公に魅力が無くなってきてるような気がするのだが・・・^^;
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1632-925894c5