チーム・バチスタの栄光 - 羅夢の映画放浪記

チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光 [DVD]
評価 ★★★☆☆

犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。
現役医師による傑作 第4回『このミステリーがすごい! 』大賞受賞作 待望の映画化!
原作はついに300万部突破!豪華キャスト&日本映画史上最高の“仕掛け”があなたに挑む!
公開館数:全国284館、興行収入16億円、観客動員140万人の大ヒット作品!
超豪華2枚組!原作者 海堂 尊インタビュー収録!

東城大学付属病院では、一般的に成功率60%といわれる心臓手術“バチスタ手術”の専門集団「チーム・バチスタ」を結成、奇跡的に26連勝という手術成功記録を延ばしていた。
しかし突如、三例続けて術中死が発生。
事故なのか?殺人なのか?
病院長は内部調査の為、心療内科医師の田口(竹内結子)に、厄介な役目を押し付ける。
外科は全くの素人である田口は、渋々にわか探偵を引き受けるが、当然上手くいかない。
「問題はありません、これは単純な事故です」と締め括ろうとした田口に「あなたの報告書、感心しました。こんなに騙されやすい人がいるとは!」と一刀両断する男が現れた。
厚生労働省の破天荒なキレモノ役人・白鳥(阿部寛)が現れた…

現役医師・海堂尊による大ベストセラー医療ミステリーを映画化。
難易度の高い心臓手術専門の精鋭集団“チーム・バチスタ”に起きた不可解な連続術中死の真相を暴くため、門外漢の心療内科医・田口と切れ者の役人・白鳥のふたりが調査を開始するが…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2008年に制作された医療サスペンスドラマ。

タイトルで毛嫌いしていた感はあるが、見てみるとなかなか面白いサスペンスストーリーで、阿部ちゃん演じる主人公がいい味出していて、展開も飽きさせない。

まぁ、一瞬『トリック』?っと思ってしまうがw

長編大作なのでドラマを見た人が映画版を見ると無理やり詰め込んだ編集作品に見えるかもしれないが、ドラマ見てないオイラとしては逆にコンパクトにまとまってて見やすかったなぁ。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1633-b04b0bc6