約三十の嘘 - 羅夢の映画放浪記

約三十の嘘

約三十の嘘 特別版 [DVD]
評価 ★★★☆☆

大阪駅構内に集まった詐欺師5人が、寝台特急に乗り込んだ。
京都駅からはボインという愛称の今井も合流。
綿密な打合せ後、彼らの「仕事」は成功をおさめたが、帰りの列車の中で、大金の入ったスーツケースが紛失してしまった・・。

詐欺師の物語だけど、いわゆる騙しのコンゲーム映画だと思ってみると、これがちょっと違う。
なくなったスーツケースという問題を抱えながらも、浮き上がってくるのは、6人の人間関係・・というか恋愛関係。
そこにあるのは、人を好きになる気持ちと、その人を助けたいという思い。
解かれていくのは紛失したスーツケースの行方ではなく、恋愛関係の謎なのです。
列車の中だけで話が進行していく密室劇ながら、椎名桔平、中谷美紀、妻夫木聡、八嶋智人、田辺誠一などの役者たちがしっかりキャラを立たせた好演。
そのおかげで最後までぐいぐいと引き込まれること必至。
「とらばいゆ」の大谷健太郎が演出。
スタイリッシュな列車内など、色調や映像もシャープでヴィジュアルも見ごたえある、洒落た群像劇だ。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2004年に製作された、詐欺師の日常を面白おかしくシュールに描いた作品。

一流の詐欺師は仲間をも騙すが二流は仲間を信じる。
お金より大事なのは仲間だっと教えられているようだw

その他、ただの詐欺師同士のライアーゲームだけではなく、複雑な人間関係が次々と明らかになっていく構成は最後まで飽きさせない展開になっている。

まぁ、冷静に考えれば、悪い事しているヤツらの物語なので感動は薄いですがw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1634-5b420724