ティン・カップ - 羅夢の映画放浪記

ティン・カップ

ティン・カップ [DVD]
評価 ★★★☆☆

ケビン・コスナー主演ロン・シェルトン監督とのコンビで贈る男のロマン!
感動のスポーツ・エンターティメント!

「安全策をとる」ということができない性格のために、ゴルファーとしての天才的才能を持ちながら、しがないレッスン・プロに甘んじているロイ・マカヴォイ-通称ティン・カップ-。
ある日、彼の前に精神科医の美女、モリーが現れる。
かつてのライバル、シムズの恋人である彼女を振り向かせるために、そして彼女にふさわしい自分を取り戻すために、ロイは全米オープンへの挑戦を決意する。
-人生最大の"賭け"がはじまった-!

天才的なゴルフの腕をもちながらも、安全パイをとることが大嫌い。
一か八かの勝負に出ては負け、いまは落ちぶれてレッスンプロに甘んじている男。
ある日レッスンに訪れた美しい女医に一目惚れするが、彼女の恋人はなんとPGA(プロゴルファー協会)のスターで、彼の元ライバルだった。

人生に挫折して再生を目指すプロゴルファーを、ケヴィン・コスナーが演じている。
クライマックスの全米オープンのシーンには、元全米オープン優勝経験者や賞金トップランキングの現役選手が出演しているので、ぜひ見逃さないでほしい。
女医役はレネ・ルッソ、ライバルにはドン・ジョンソンが扮している。
ほか、ケヴィンのキャディーを演じるチーチ・マリンがいい味を出している。
監督、脚本は『さよならゲーム』のロン・シェルトン。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1996年に制作されたヒューマンスポーツドラマ。

内容的には、ヤサグレたプロゴルファの破天荒なゴルフ人生を描いている作品。

恋あり笑いありの全体的にはゆったりとしたイイ雰囲気の映画なのだが、人間関係や心情を大雑把に描きすぎている為、物語に味がない軽薄なストーリーになってしまっているのが残念な所。

もう少し、キャラとストーリーを丁寧に練り込んでいけば題材は良いので面白くなったのではないだろうか。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1637-730001e2