氷の微笑2 - 羅夢の映画放浪記

氷の微笑2

氷の微笑 2 アンレイテッド・エディション [DVD]
評価 ★★★☆☆

危険に溺れる女、誘惑に溺れる男。ゲームは再び始まった!
世界的大ヒットから14年―
一大センセーションを巻き起こしたセクシャル・サスペンス、待望の続篇、登場!!
劇場公開でカットされた過激シーンを復活させたアンレイテッド・エディションでDVD発売決定!!

1992年、圧倒的なエロチシズムとサスペンスで世界中にセンセーションを巻き起こした『氷の微笑』。
日本でもその年の興行収入第3位を記録し、大きな話題を呼んでから14年、強烈なセックスアピールを放ち、傲慢さと危険な香り、そして妖しい官能美を放つ究極のファム・ファタール、キャサリン・トラメルが再び戻ってきた。
演じるのはもちろん、シャロン・ストーン。
セックス・シンボルの頂点に立った彼女が、再びキャサリン・トラメルに挑み、前作とは比較にならないほどの色香とセクシーさをスクリーンから放っている。
映画史に残る、もっとも印象的なファム・ファタールを演じるにあたり、デヴィッド・モリッシー、シャーロット・ランプリング、デヴィッド・シューリスら多彩な共演陣、監督には『ジャッカル』のマイケル・ケイトン=ジョーンズと、まさに理想的なスタッフとキャストが集結。
最後の結末まで、謎解きミステリーの醍醐味を存分に満喫させる作品に仕上がった。

英国・ロンドン。
自動車事故で同乗の男を死なせたベストセラー犯罪小説家のキャサリン・トラメル(シャロン・ストーン)。
彼女は以前サンフランシスコで起こった殺人事件の容疑者だったことから、スコットランドヤードのウォッシュバーン刑事(デヴィッド・シューリス)は、キャサリンを有罪にするべく、精神科医のマイケル・グラス博士(デヴィッド・モリッシー)に精神鑑定を依頼する。
彼女が"危険中毒"の人物であると証言するが、証拠不十分で釈放される。
その彼女がマイケルの診療所に現れ、治療を懇願する。
危険を承知でキャサリンに接したマイケルだったが、次第に彼女の魔性の魅力に惹かれていく。
だが、彼の回りで殺人事件が起き、自らも危険な状態に陥っていく。

避けがたい不運をたどった『氷の微笑 2』は悪評高き駄作といわれるているが、不思議と見入ってしまう作品でもある。
その理由はシャロン・ストーンのくだらない話や、スクリーンに時々登場するヌード姿だけではなく、彼女が連続殺人の容疑者でミステリー作家キャサリン・トラメル役を演じ、プロの妖婦のような演技で1400万ドルという大金を獲得したことも含む。
ロンドンで暮らすキャサリンが目をつけたのは、心理学者マイケル・グラス(デイヴィッド・モリッセイ)。
彼はサッカーのスター選手が「事故で」死亡した事件で、危険中毒にかかった容疑者として疑われているキャサリンを精神鑑定する。
キャサリンの仕掛けたわなに、グラスの元妻であるタブロイド記者と、キャサリンの逮捕に情熱を燃やすロンドン警視庁の探偵(デイヴィッド・シューリス)が巻き込まれていく。
セックス、殺人、みだらな会話の三拍子が揃った『氷の微笑 2』。
一度は圧倒的な成功を収めたシャロン・ストーンが、続編を製作するまでに14年もかかった(その間に無数の脚本原稿がボツになり、訴訟問題も話題になった)作品でそのキャリアを台無しにしてしまったのを見るのは、ある意味興味深い。
ストーンは47歳にしてこの美しさ。
映画評論家、ロジャー・エバートは「キャサリン・トラメルはどうやっても下手にしか演じられない役柄。それをシャロン・ストーンは、他のどんな女優よりも上手くやってのけた」とコメントしている。
不運な運命をたどっってしまった続編だが、罪深い快楽というにはいまいち物足りないものがあるものの(モリッセイは1992年の一作目に出演したマイケル・ダグラスの比ではない)、ばからしいが楽しめる出来だし、入浴シーンは、DVDプレーヤーのフリーズフレーム機能の故障多発の原因になること間違いなし。
このシーンだけで何回も見る価値ありっていう人もいるかもしれない。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2006年に制作された『氷の微笑』の続編、第2弾。

前作とストーリーが繋がってるようで繋がってなく、良く見ると微妙に繋がってる!?・・・この時点で不明点が頭の中をよぎり、物語の邪魔をしてますねw

内容的には、前回と同様、男を誘惑し騙すストーリー。

どうせこの男が騙されるんでしょ、っと思いながら見てしまうと退屈な映画。

それに殺害方法がアイスピックからベルトに・・・かなりインパクトダウンしてないかw

またも、犯人が曖昧な設定・・・こういうモヤモヤ映画はオイラ的にはちょっち遠慮したい。

それに、2作る必要あったのか?っと思える作品だけあって『ゴールデン・ラズベリー賞』ももれなく受賞してるらしい。

ここまで来ると微笑するしかないですねw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1656-c38f7793