摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に - 羅夢の映画放浪記

摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に

摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に [DVD]
評価 ★★★☆☆

成功を夢見て、カンザスからNYに出てきた青年ブラントリー。
叔父が社長をつとめる大企業に就職したものの、仕事はメール・ボーイだった。
そこでブラントリーは、あの手この手のサクセス大作戦を開始する。

出世作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの流れをくむような、マイケル・J・フォックス主演の軽快な青春サクセス・コメディ。
主人公ブラントリーのメール・ボーイとニセ重役の二重生活を、フットワークも軽く、イキイキとそしてコミカルに演じているマイケル。
必殺の「エレベーターで着替え作戦」は、必見のおもしろさ。
また、ヒロイン役のヘレン・スレーターとのキスシーンは、うっとりするほどロマンチックだ。
監督はバレエの振り付け師から転身し、『フットルース』などのヒット作を世に送り出したハーバート・ロス。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマイケル・J・フォックスが、都会での成功を夢見るメールボーイを演じたラブコメディ。
監督は『ボーイズ・オン・ザ・サイド』のハーバート・ロス。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1986年に制作された『マイケル・J・フォックス』主演のサクセスストーリー。

仕事に恋愛に奮闘する若者のお話で、メールボーイの主人公は出世する為にやり手の重役に成り済まし二重生活をするっと言ったコメディ作。

ハチャメチャでかなり強引な設定だが、ドタバタドラマとしてはまぁまぁ楽しめる映画でした。

ちなみに、メール・ボーイってあんまり聞いた事無いので分らない人に簡単に説明すると、社内郵便配達みたいな仕事ですな。

さらにちなみに『メール・ボーイ』でググってみるとなぜかゲイ系のサイトが沢山出てきますw
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1657-006cf9c6