アンナと王様 - 羅夢の映画放浪記

アンナと王様

アンナと王様 [DVD]
評価 ★★★☆☆

一人の女性の情熱が王国の運命を変えた──。
ジョディ・フォスター&チョウ・ユンファの豪華共演で描く、実話スペクタクル・ロマン!

19世紀末、東南アジアの国シャム(現在のタイ)。
モンクット国王は、王子達の家庭教師として英国人アンナを迎え入れた。
西洋に育ったアンナは封建的な国王と何度も衝突するが、国を愛する王の心に打たれ徐々に絆を深めていく。
その頃、隣国ビルマによって国境地帯が襲撃、その影には侵略を企む英国の影が!さらに国内で勃発したクーデターにより、王国に危機が迫る!

ミュージカル映画の名作『王様と私』のリメイク作品である。
シャム国王に香港俳優チョウ・ユンファ、その英語教師アンナにジョディ・フォスターが扮した。

未亡人のアンナは、シャム国王から依頼され、王子たちに英語や西欧のことを教える家庭教師としてバンコクを訪れる。
王を神のように崇めるシャムについての知識がほとんどないアンナは、初対面の王とわたり合う気の強さを見せる。
しかし、なぜだか王は、そんな彼女に好感をもつ。

豪華な王宮のセット、チェンマイで織られた生地を用いた色彩豊かな衣装が見物だ。
それぞれ華がありながらもストイックなムードをもつ、2人の役者も適役。
ちなみにアンナは、19世紀イギリスの実在の人物である。
監督は『エバー・アフター』のアンディ・テナント。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は1956年の『王様と私』のリメイク作で、本作は1999年に製作された『ジョディ・フォスター』と『チョウ・ユンファ』共演のスペクタクルストーリー。

『王様と私』は完全なミュージカル調だったが、この作品はミュージカル要素はあまりなく、リアルな設定で描かれているので、ミュージカル嫌いの人はオススメ。

しかし、細かいエピソードが短縮されてしまっている為、物語が浅くなってしまっているの所が残念。

まぁ、両方素晴らしい出来なので、見比べてみるのもいいかも。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1659-7dd12618