ワンス・アンド・フォーエバー - 羅夢の映画放浪記

ワンス・アンド・フォーエバー

ワンス アンド フォーエバー WE WERE SOLDIERS [DVD]
評価 ★★★☆☆

アメリカがヴェトナム戦争に深入りするきっかけともなった1965年11月のイア・ドラン渓谷の戦い。
しかし、そこには敵味方を問わず多くの尊い命が失われていったことを描く戦争超大作。
原作者のひとりで実際に参戦したハル・ムーア大佐(当時)をメル・ギブソンが人間味豊かに演じており、また彼の妻(マデリーン・ストウ)が毎日戦死者通知を自ら配達するエピソードを挿入し、戦争は男だけのものではないと強調。
さらには敵である北ヴェトナム正規軍にも家族がいて恋人がいるという、そんな当然の事実をアメリカ映画が初めて描いた画期的作品でもある。

本作のようにアジア人の会話に英語字幕を入れることなど、これまでの米製ヴェトナム戦争映画ではほとんどなかった。
なお、この苛酷な戦いに勝利したアメリカは、おごり高ぶった勢いでもはや後戻りできなくなり、敵味方さらなる悲劇が繰り広げられていった。
監督は『パール・ハーバー』の脚本家でもあるランダル・ウォレス。

メル・ギブソン主演による、ベトナム戦争の真実を描いた衝撃の話題作。
アメリカ史上最も過酷な戦いの一つ、イア・ドランの戦い。
この想像を絶する戦いの中で、戦場に降り立ったハル・ムーア中佐は、1人でも多くの部下を生きて帰そうとするが…。

【羅夢の感想 - ネタバレ無】

この映画は2002年に制作された、ベトナム戦争を描いた作品。
アメリカ参戦で有利と言われたこの戦いの裏では、泥沼の争いを繰り広げていたっというストーリー。

いつものアメリカ万歳作品かと思ったけど、ある程度公平に描かれており、終始殺しあう構成で戦争の虚しさを強烈に風刺している作品です。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://ramus.blog36.fc2.com/tb.php/1677-e17d52c1